2015.01.14

松山英樹、年明け初戦で見せたメジャー制覇への「確かな一歩」

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • 益田佑一●撮影 photo by Masuda Yuichi

 米ツアーの2014-2015年ツアーが再開した。年明け初戦は、昨季ツアーの優勝者34名で争われたヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ(1月9日~12日/ハワイ州。カパルア・プランテーションコース=パー73)。昨季、ザ・メモリアルトーナメント(2014年5月29日~6月1日/オハイオ州)で米ツアー初優勝を飾った松山英樹(22歳)も参戦し、3日目を終えた時点ではスコアを17アンダーまで伸ばして、ジミー・ウォーカー(アメリカ/35歳)と並んで首位タイに立った。しかし最終日、熾烈な優勝争いに最後まで加わりながらも、あと一歩及ばず、通算20アンダー、3位タイに終わった。

2015年の初戦を3位タイでフィニッシュした松山英樹。 2日目、3日目と「66」の好スコアを出して、トップに躍り出た松山。最終日最終組のラウンドでも落ち着いたプレイを見せ、同じ首位スタートのJ・ウォーカーと白熱した戦いを見せた。一時、J・ウォーカーが3連続バーディーを奪って3打差をつけられたものの、最終18番(パー5)を迎えた時点では、21アンダーでトップのJ・ウォーカー(21アンダー)と、同スコアで先にホールアウトしたパトリック・リード(アメリカ/24歳)に1打差に迫っていた。

 18番は松山が3日連続でバーディーを奪っていた得意のホール。J・ウォーカー次第では、P・リードと3人によるプレーオフに進む可能性もあった。そして実際、松山のバーディーパットの前に、J・ウォーカーがバーディーパットを外してパー。松山にプレーオフに向かうチャンスが巡ってきた。が、松山の2mのパットは無常にも左に外れ、松山は天を仰いだ。

「パットがもう少し入ってくれていれば……」

 ラウンド後、松山は第一声でそう語って肩を落とした。18番に限らず、16番、17番でも惜しいパットを外していた。だから余計に、その思いが強かったに違いない。

 さらに優勝のチャンスを土壇場で、それも自ら逃したショックは計り知れない。松山の口数は普段よりも一層少なくなった。

「プレーオフに進めず、相当悔しい? そうですね。最後のパットは? 2mぐらい。ボールはどう切れたのか? わからないです。優勝争いの中、平常心でプレイできたか? まあ、普通にできました。それは思った以上に? そうですね……」