2014.03.25

好調・石川遼。マスターズ出場の可能性はゼロではない

  • text by Sportiva
  • photo by Getty Images

 アーノルド・パーマー招待(3月20日~23日/フロリダ州)に出場した石川遼が、今季3度目の「トップ10」フィニッシュを果たした。初日、7アンダーの2位タイで好発進すると、2日目にはスコアを崩したものの、3日目、4日目は耐えるゴルフで奮闘。通算8アンダー、8位タイで終えた。

ショット、パットともに好調だと言う石川遼。「風が強くて、グリーンも硬く、(最終日は)4日間の中でいちばん難しかった。それでも、今日はプレイをしていても楽しかったし、とても充実感があった。4日間を振り返っても、いい手応えを感じられました。4日間を通して、ゴルフの内容も悪くなかったし、高い精度を保ってプレイすることができた。それは、今までできなかったことですから、今後もこういうゴルフを続けられるようにしていきたい」

 会場のベイヒルC&ロッジは、石川のアメリカ東海岸における拠点。プライベートでラウンドすることも多く、試合前から上位進出の期待はあった。さらに、石川が常に目標としているマスターズ(4月10日~13日/ジョージア州)まで残り3試合。そのうちの1試合で勝利するか、次週のバレロテキサスオープン(3月27日~30日/テキサス州)を終えた時点で世界ランキング50位内に入らなければ、出場資格は得られない。石川自身、6年連続の夢舞台出場に向けて、モチベーションは高まっていた。

「マスターズまで残り3試合、(出場を諦めずに)がんばりたいな、という思いがある。確かにシーズン当初は(マスターズ出場は)かなり遠いな、という感覚がありました。でも、ここに来て、自分のゴルフの状態や体調もよくなっている。ならば、最後まで(マスターズ出場に)チャレンジする価値があると思った。それで、がんばろうという気持ちになって、(次週の)バレロテキサスオープンの出場も決めました。(2月末のホンダクラシックから)6週、マスターズを含めれば7週連続で試合に出場し続けることになりますが、体調管理はしっかりできているし、体の状態もいいので問題ないと思っています」