2014.02.18

【ゴルフ】松山英樹23位。「同組のフューリックが怖かった」

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

 南カリフォルニアの名門コース、リビエラCCで開催されたノーザントラストオープン(2月13日~16日)に、石川遼と松山英樹が出場。石川は初日に4オーバーと出遅れたのが響いて予選落ち、松山は4日間通算5アンダーの23位タイに終わった。

 石川にとってノーザントラストは、2009年に初めて出場した米ツアーのトーナメント。6年連続6回目の出場となるが、「苦手な場所」というイメージは今年も克服することはできなかった。

「悪い内容でも、もっといい成績で回れるコースもあるので、自分にとってこのコースは、やはり難しいコースなんだと思います。(米ツアーを1年経験して)技術的にも、気持ちの面でも、引き出しを増やしてきたつもりなので、うまく対応したいと思いましたが、今年もうまくいかなかった。それが、すごく悔しいです」

 初日の12番ではOBを叩くなど、前週のAT&Tペブルビーチナショナルプロアマ(2月6日~9日)を休んで修正してきたティーショットの不調も改善できていなかった。

「(優勝争いに加わった)ファーマーズインシュランス(7位タイ/1月23日~26日)でも、ボールは真っ直ぐ飛んでいたけど、自分では納得いかないスイングをしていたんです。それが、翌週のウエイストマネジメント(予選落ち/1月30日~2月2日)では結果にも出て、悪いスイングをしていたことを再確認し、1週間かけて修正してきた。スイングの切り返しの際に体が開いてしまう悪いクセなんですが、タイミングが合わないと(12番のOBのように)ああやって大きく曲がってしまう」

 それでも、2日目はショットの安定感が増してイーブンパー。グリーン上では苦戦を強いられたが、今後に向けて明るい材料は得られた。

「過去5回、この試合に出場していますが、ここのグリーンに合わせられたことがない。自分の(グリーンを)読む力が足りないのだと思います。ティーショットのドライバーに関しては、今日は、納得できる内容でした。自分はドローボールを打っていきたいタイプですが、そのイメージが出せないコースでも、ストレートの球をしっかり打つことができた。それは、すごい収穫。このまま、今自分のやるべきこと、スイング、ショットの調整をし、いい準備をして次のホンダクラシック(2月27日~3月2日)に臨みたい」

 一方の松山は、グリーンの目がきつく、トリッキーな難コースと評判のリビエラCC初挑戦ながら、しぶといゴルフで健闘した。