2014.02.20

【ゴルフ】有村智恵、始動。米ツアー2年目の飛躍はあるか

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 2月20日から(23日まで)タイ・パタヤビーチのサイアムCCで、米女子ツアーのホンダLPGAタイランドが開催される。昨季、同ツアーに本格参戦を果たした有村智恵の、2年目のシーズンがそこから始まる――。

 日本女子ツアー通算13勝の実績を掲げて、有村が挑んだ米女子ツアー。1年目は、20試合に出場して賞金ランキング61位に終わった。シード権獲得(80位以内)という最低限の目標は達成したものの、決して満足のいく数字ではなかった。

米女子ツアー1年目はパットに苦しんだ有村智恵。 有村がまず直面したのは、パッティングの不調だった。日本とは質の違う芝に戸惑ったのか、短いパットさえ決まらないことも多かった。そして、数試合消化した際、「ショットはいいのに、パットが入らない。ショットに悪い影響を与えないうちに、なんとかパットの調子を取り戻したい」と不安を漏らすと、はたしてその悪い予感が的中してしまった。

 パットが入らないから、ショットでピンに寄せたい。ピンに寄せたいから、飛距離を伸ばしたい……。そんな欲求を満たそうとして、自分本来のプレイの形を崩してしまったのだ。おかげで、自慢のショットのリズムまで崩すという悪循環にはまって、予選落ちを繰り返した。