2013.10.01

【ゴルフ】シード権を手にした石川遼。米ツアーにかける密かな「野望」

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

 今季、米ツアーに本格参戦を果たした石川遼。レギュラーシーズンでは思うような結果を残せず、来季のシード入り(賞金ランキング125位以内)を逃したが、下部ツアー選手との入れ替え戦となるウェブドットコムツアー・ファイナルズ(計4試合)に参戦し、総合ランク13位でフィニッシュ。上位50位以内(下部ツアーの賞金ランク上位25位以内を含む)という条件をクリアし、土壇場で来季米ツアーのシード権を手にした。

入れ替え戦では安定したプレイを見せた石川遼。 ファイナルズの最終戦、ウェブドットコムツアー選手権(9月26日~29日/TPCソーグラス・ダイズバレーコース/フロリダ州)に出場した石川は、明るい表情を見せて、終始リラックスした様子だった。ファイナルズの1戦目こそ、予選落ちを喫したものの、2戦目で5位、3戦目で7位タイと結果を残して、最終戦の結果にかかわらず、来季のシード権を確定させていたからだろう。

「(表情が明るい?)そうですかね。(結果を求めて)ガツガツしないようにしているからかもしれません。というのも、ファイナルズが始まる前に、この4試合は自分の来季がかかっているので、すべてメジャー大会だと想定してプレイしようと思っていたんですね。でも、1戦目ではその気持ちが強過ぎてか、空回りしてしまった。今年一番、と言っていいくらいに体も切れていたし、練習ではドライバーやアイアンの飛距離も出ていたんですが、試合に入ったら(体が)硬くなってしまった。仮想メジャーの調整をしても、試合では自然体でやろうと思っていたのに、それができなかった。その経験を踏まえて、(その後は)試合で必要以上に気合いを入れないように心掛けました。そこはかなり意識して、この試合で何位になれば(総合で)何位になれるとか、結果を考えることなく、自分のやるべきことをやればいいと思ってプレイしました。そういう意識が(表情に)出ているのかもしれないですね。コースに出たら笑顔でいようと、特別に意識しているわけではないですよ(笑)」

 来季のシード権を得たことで気持ちの面でも余裕がうかがえた石川だが、最終戦に臨むモチベーションが下がることはなかった。なぜなら、ファイナルズのランキング次第で、来季ツアーの出場試合数が変わるからだ。昨年までの実績では、およそシーズン40戦のうち、1位の選手で28試合、15位までの選手で25試合、25位までの選手で20試合、50位の選手で18試合程度出場できた。同じ50位以内でも、下位と上位では10試合近く出場試合数に差が出ることを考えれば、ひとつでも順位を上げておきたい。3戦を終えて総合ランク10位という好位置につける石川も、さらなるランクアップを目指していた。