ユーロ2024敗退にイタリア人記者の怒りが爆発! ブッフォンもW杯への危機感を露わに

  • パオロ・フォルコリン●文 text by Paolo Forcolin
  • 利根川晶子●訳 translation by Tonegawa Akiko

 ユーロ2024決勝トーナメント1回戦、イタリアはスイスの前にいいところなく敗れ去った。かつてW杯を4回制した"カルチョの国"に何が起きているのか。長らく代表チームを取材してきたイタリアのベテランジャーナリストがレポートする――。

 アッズーリ(イタリア代表)がラウンド16でスイスに敗れ、ユーロ2024から脱落したことは、イタリア全土に怒りと失望の渦を巻き起こした。

 ご存知のように、我々イタリア人にとってサッカーは国技である。今回のように物事がうまくいかなかった場合には、まずは戦犯探しが行なわれる。なぜこのような事態に陥ってしまったのか、それを探るためサッカー協会のトップから、コーチ、選手に至るまでが責任を追及される。

スイスに完敗し、ショックを隠せないイタリア代表の選手たち Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIAスイスに完敗し、ショックを隠せないイタリア代表の選手たち Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIAこの記事に関連する写真を見る かつてイタリアサッカーは黄金時代を謳歌していた。だが残念なことに、それはとうの昔に、おそらく20年近く前の2006年W杯での勝利で終わってしまった。「じゃあ2021年の前回ユーロでの優勝はなんだったんだ?」と皆さんは尋ねるかもしれない。しかし、あれは灰色の海のなかで起きた「すばらしき例外」にすぎなかったと、私は思う。

 ロベルト・マンチーニが勝利に導いた2021年のアッズーリは、ベテランのジョルジョ・キエッリーニとレオナルド・ボヌッチ、そして唯一の真のスターだったGKジャンルイジ・ドンナルンマを除けば、すでにハイクラスなチームである要素を欠いていた。そのチームを恥ずかしげもなく運が助けたというのが、あの優勝だった。この勝利をイタリア人は「ノッティ・マジケ(魔法の夜)」と呼んだが、まさにそのとおりだ。

 大会後すぐに、まるで12時をすぎた後のシンデレラのように魔法は解け、イタリアは再び危機に陥った。

 その後のアッズーリの歩みを思い出せばそれは明白だろう。ブルガリア、そしてスイスとホーム、アウェーともにドロー、北アイルランド戦で再度のドロー。そしてプレーオフではホームで北マケドニアに敗れ、イタリアは2大会連続でW杯行きのチケットを逃した。今回、ベルリンで敗退したアッズーリも、この一連の延長に過ぎない。

 そして「ダメなアッズーリ」というタイトルの絵は、2023年8月、オイルダラーに目がくらんだマンチーニ(現サウジアラビア監督)の突然の辞任で完成した。だからイタリアの黄金時代を語るなら、2021年のウェンブリーでの幻の勝利は無視していい。比べるべきは、遠い20年近く前の2006年のイタリアだ。

1 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る