ユーロ2024、前回王者イタリア敗退の原因は駒不足と作戦ミス サッカー強国の座から転落した節目の日に

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki

 ユーロ2024決勝トーナメント1回戦の初っ端の試合で、イタリアが敗れる波乱があった。イタリアは前回ユーロ2020を制したディフェンディングチャンピオンだ。本来なら大ニュースである。

 相手はスイス。ユーロにおける最高位はベスト8だ。W杯でも大昔に3度(1934年、38年、54年)ベスト8入りしたことがある、欧州の典型的な中堅国だ。かつてならイタリアは名前で勝てた相手である。地元紙では大きな見出しになるであろうことは想像に難くないが、試合を見るとけっして大きなニュースには思えない、順当な結果に見える。運なく敗れたわけではない。惜敗と言うより完敗劇だ。イタリアにとっては重大かつ深刻な問題だろう。

スイスに敗れて呆然とするイタリア代表の選手たち AP/AFLOスイスに敗れて呆然とするイタリア代表の選手たち AP/AFLOこの記事に関連する写真を見る ユーロでは前回大会に優勝したほか、2012年も準優勝に輝いている。2008年、2016年はともにベスト8。イタリアはサッカー大国の面目を保つ最低ラインの結果を収めてきた。

 ところがW杯に目を転じれば過去2大会(2018年、2022年)はいずれも欧州予選で消え、その前の2大会(2010年、2014年)はグループリーグで敗退した。見るも無残な成績とはこのことで、2006年の優勝を境に急降下。転落に歯止めを掛けられずにいる。

 原因はいろいろ考えられるが、パッと見でわかるのは、思わず目を奪われるような国際級の選手が少ないことだ。イタリア国外のクラブでプレーしているフィールドの選手は、この日、出番がなかったジョルジーニョ(アーセナル)ただひとり。レアル・マドリード、バルセロナ、パリ・サンジェルマン、バイエルンとプレミアの上位5~6チームが、現在経済的に見た欧州のトップ10クラブになるが、そこに選手を送り込めていない現実が目に留まる。

 国内級の選手ばかりという現実に寂しさを覚える。インテル、ミラノ、ユベントスはイタリア的にはビッグクラブだ。だが、1990年代後半、ローマ、ラツィオ、フィオレンティーナ、パルマを含めた7チームが「ビック7」と呼ばれ、欧州市場で幅を利かせていた当時の勢いはもはやない。多少復活したとはいえ、往年のレベルには届いていない。

1 / 4

プロフィール

  • 杉山茂樹

    杉山茂樹 (すぎやましげき)

    スポーツライター。静岡県出身。得意分野はサッカーでW杯取材は2022年カタール大会で11回連続。五輪も夏冬併せ9度取材。著書に『ドーハ以後』(文藝春秋)、『4-2-3-1』『バルサ対マンU』(光文社)、『3-4-3』(集英社)、『日本サッカー偏差値52』(じっぴコンパクト新書)、『「負け」に向き合う勇気』(星海社新書)、『監督図鑑』(廣済堂出版)、『36.4%のゴールはサイドから生まれる』(実業之日本社)など多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る