ユーロ2004唯一全勝で評価上げるスペイン ヤマル&ニコ全開でジョージア戦も慢心なし

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

 6月30日(日本時間7月1日4時~)、スペインはユーロ2024のベスト8進出をかけ、ジョージアと対戦する。

 グループステージのスペインは、クロアチア、イタリアという強豪を連破。第3戦のアルバニア戦は、大半の選手を入れ替えながらも完勝だった。16歳のラミン・ヤマル(バルセロナ)は大会を彩るスーパースター候補に。実績で言えば格下のジョージアを蹴散らして、準々決勝での対戦が濃厚な開催国ドイツとの決戦も視野に入る(所属は2023-24シーズン)。

「まずは、すばらしい戦いを見せるジョージアをリスペクトすべきだろう。彼らは強豪ポルトガルに勝ってノックアウトステージに進んできた。こうした試合を重ね、より危険なチームになっている」

 スペインを率いるルイス・デ・ラ・フエンテ監督が、そう言って警戒するのは本心だろう。少しでも油断すれば、寝首をかかれる。

 ジョージアは、守護神ギオルギ・ママルダシュビリ、崩し役のクヴィチャ・クヴァラツヘリアというふたりの軸がはっきりしている。ママルダシュビリは今季ラ・リーガ9位のバレンシアで、伝統の堅守速攻を堅持。クヴァラツヘリアはナポリで英雄ディエゴ・マラドーナとも重ねられるほどで、たったひとりで勝利をもたらすことができる。

 チームとして、ほかの全員がふたりにすべてを託し、身を粉にできる。そのシステムが確立されており、フィジカルの能力が高い選手が多く、士気も高まっているだけに難敵だ。

 スペインはどう戦うべきか?

ユーロ2024で一躍スーパースター候補に躍り出たラミン・ヤマル(スペイン)AP/AFLOユーロ2024で一躍スーパースター候補に躍り出たラミン・ヤマル(スペイン)AP/AFLOこの記事に関連する写真を見る ワールドカップ制覇(2010年)、ユーロ連覇(2008年、12年)を成し遂げたビセンテ・デル・ボスケ監督が退任後、スペインは代表監督の周辺がいつも騒がしかった。

 フレン・ロペテギは欧州王者として挑んだユーロ2016でベスト16と低迷し、2018年ロシアW杯では開幕2日前に解任の憂き目に。暫定監督のフェルナンド・イエロはベスト16が精いっぱいだった。後任のルイス・エンリケはマスコミとの関係が悪化し、最後は独り相撲に。2022年カタールW杯は日本に敗れたうえ、ベスト16で敗退した。

1 / 3

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る