ユーロ2024優勝はどこになる? 好調のスペインかフランスが巻き返すか 識者共通のサプライズ候補も

ユーロ2024はグループステージが終了し、ベスト16が出そろった。強豪と中堅の力の差が縮まっているように見える本大会だが、はたして優勝はどこになるのか? 4人のライターに予想をしてもらった。

ユーロ2024の決勝トーナメント表。優勝するのはどこか?ユーロ2024の決勝トーナメント表。優勝するのはどこか?この記事に関連する写真を見る

【スペインvsドイツが事実上の決勝戦か】

中山 淳(サッカージャーナリスト)

◎本命:スペイン 
〇対抗:ドイツ 
▲穴:フランス

 開催国ドイツ、スペイン、フランス、ベルギー、ポルトガルと、今回の決勝トーナメント表では片方の山に強豪チームが偏った印象だ。もう片方の山でヨーロッパ上位に位置するチームは、前回王者イタリア、イングランド、オランダといったところ。それを考えると、激戦区となった山を勝ち上がったチームが最後に笑う可能性が高いと見る。

 そのなかでも初戦から実力を発揮できているのがスペイン。グループステージ全勝は出場チーム唯一で、しかも3試合無失点。特に両ウイングの若いラミン・ヤマルとニコ・ウィリアムズが効いていて、アルバニア戦ではターンオーバーを採用してコンディションも万全と見られる。ラウンド16でジョージアに順当勝ちすれば、準々決勝でドイツと対戦する可能性が高く、そこが事実上の決勝戦になるだろう。

 ただ、スペインとドイツのサッカーのかみ合わせでいくと、ホームアドバンテージを含めてスペインが躓く可能性も否定できない。特に長年レアル・マドリーでプレーしたトニ・クロースが中盤に構えることの効果は無視できない。相手を熟知するクロースが、ドイツのキーマンとなるはずだ。

 穴は、本来は本命だったフランス。ここまでわずか2ゴールで、それもオウンゴールとPKによるもの。中盤にエンゴロ・カンテを復帰させたのが今大会の大きなトピックだったが、攻撃面では周囲との連係が悪く、イージーミスも目立っているのが実情。ディディエ・デシャン監督がそれをどう判断するかが見ものだが、仮にエドゥアルド・カマヴィンガを先発起用するようだと、悪い流れが変わるかもしれない。

 キリアン・エムバペの鼻のケガも不安材料のひとつだが、守備は相変わらずの安定感があるだけに、フランスが悪い時の流れから脱却するには、次のベルギー戦で「ガチっとハマる先発陣」を見つけられるかどうかがポイントだ。

1 / 4

プロフィール

  • 中山 淳

    中山 淳 (なかやま・あつし)

    1970年生まれ、山梨県出身。月刊「ワールドサッカーグラフィック」誌編集部勤務、同誌編集長を経て独立。スポーツ関連の出版物やデジタルコンテンツの企画制作を行なうほか、サッカーおよびスポーツメディアに執筆。サッカー中継の解説、サッカー関連番組にも出演する。近著『Jリーグを使ってみませんか? 地域に笑顔を増やす驚きの活動例』(ベースボール・マガジン社)

  • 西部謙司

    西部謙司 (にしべ・けんじ)

    1962年、東京生まれ。サッカー専門誌「ストライカー」の編集記者を経て2002年からフリーランスに。「戦術リストランテ」「Jリーグ新戦術レポート」などシリーズ化している著作のほか、「サッカー 止める蹴る解剖図鑑」(風間八宏著)などの構成も手掛ける。ジェフユナイテッド千葉を追った「犬の生活」、「Jリーグ戦術ラボ」のWEB連載を継続中。

  • 杉山茂樹

    杉山茂樹 (すぎやましげき)

    スポーツライター。静岡県出身。得意分野はサッカーでW杯取材は2022年カタール大会で11回連続。五輪も夏冬併せ9度取材。著書に『ドーハ以後』(文藝春秋)、『4-2-3-1』『バルサ対マンU』(光文社)、『3-4-3』(集英社)、『日本サッカー偏差値52』(じっぴコンパクト新書)、『「負け」に向き合う勇気』(星海社新書)、『監督図鑑』(廣済堂出版)、『36.4%のゴールはサイドから生まれる』(実業之日本社)など多数。

  • 篠 幸彦

    篠 幸彦 (しの・ゆきひこ)

    1984年、東京都生まれ。編集プロダクションを経て、実用系出版社に勤務。技術論や対談集、サッカービジネスといった多彩なスポーツ系の書籍編集を担当。2011年よりフリーランスとなり、サッカー専門誌、WEB媒体への寄稿や多数の単行本の構成を担当。著書には『長友佑都の折れないこころ』(ぱる出版)、『100問の"実戦ドリル"でサッカーiQが高まる』『高校サッカーは頭脳が9割』『弱小校のチカラを引き出す』(東邦出版)がある。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る