ユーロ2024のベルギーに圧倒的存在感のウイング 誰もジェレミー・ドクを止められない

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki

 グループリーグの3巡目を迎えているユーロ2024。一番の混戦はグループEで、2試合を消化した段階でルーマニア、ベルギー、スロバキア、ウクライナの4チームが勝ち点3で並んでいる(各チーム1勝1敗で得失点は表記国順に+1、+1、0、―2)。

 大会前の下馬評で、この組の軸と目されたベルギーが、初戦のスロバキア戦につまずいた(0-1)ことが混戦の引き金になった。2戦目のルーマニア戦に2-0で勝利したベルギー。3戦目はウクライナと6月25日(日本時間26日1時~)に対戦する。

ルーマニア戦で再三にわたりチャンスを演出したジェレミー・ドク(ベルギー) photo by AP/AFLOルーマニア戦で再三にわたりチャンスを演出したジェレミー・ドク(ベルギー) photo by AP/AFLOこの記事に関連する写真を見る ベルギーはブックメーカー各社の予想では、8強の一角と目されていた。しかし格付け的にはイタリアと並び7番目で、優勝候補とまでは騒がれていない。ベスト8が妥当な線、ベスト4に進めば上々という評価だ。ベルギーの欧州内での序列は、イングランドを破った2018年ロシアW杯3位決定戦をピークに、下降線を描いているように見える。その時は準々決勝でブラジルも破っていた。

 ベルギーは1986年メキシコW杯でベスト4入りした実績がある。MFエンツォ・シーフォ、FWヤン・クーレマンスを中心とした、これぞ好チームというサッカーを、筆者は現地で実際に何試合か見ている。1986年型と2018年型。それぞれのベルギーを比較するならば、後者のほうが強さという点で勝っていた。好チームというより強チームだった。

 2018年型の前身となる2014年W杯予選に臨むベルギーを観戦取材したとき、"このチームは近い将来、強くなりそうだ"と、その新鮮な魅力に圧倒されたことを思い出す。それから10年経ったいま、よく言えば好チームに戻った印象だ。スケールはひと回り、小さくなった。

 重要なのは、気持ちの持ち方だ。絶対に負けられない戦いか、チャレンジャー精神あふれる戦いか。受けて立つのか、果敢にいくのか。だが、少なくともこのグループEでは一番手の存在だ。そんな自らの立ち位置を認識しないまま、初戦に臨んでしまったようだ。スロバキアに敗れる姿を見て、そんな印象を受けた。

 スロバキア戦に臨んだ先発メンバー(4-2-3-1)は以下のとおりだ(カッコ内は2023-24シーズンの所属)。

1 / 4

プロフィール

  • 杉山茂樹

    杉山茂樹 (すぎやましげき)

    スポーツライター。静岡県出身。得意分野はサッカーでW杯取材は2022年カタール大会で11回連続。五輪も夏冬併せ9度取材。著書に『ドーハ以後』(文藝春秋)、『4-2-3-1』『バルサ対マンU』(光文社)、『3-4-3』(集英社)、『日本サッカー偏差値52』(じっぴコンパクト新書)、『「負け」に向き合う勇気』(星海社新書)、『監督図鑑』(廣済堂出版)、『36.4%のゴールはサイドから生まれる』(実業之日本社)など多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る