2022.01.17

リーガで超元気なアラフォー戦士たち。モドリッチは唯一無二の存在、ホアキンは40歳に思えぬプレーぶり

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

 サウジアラビアで開催されているスーペル・コパ・デ・エスパーニャ2022の準決勝で実現した、今シーズン2度目の「エル・クラシコ」。レアル・マドリードと対戦したバルセロナの右サイドバックを務めたのは、2015−16シーズン以来、約6年ぶりに古巣に復帰したDFダニ・アウベスだった。

 対峙したブラジル代表の後輩FWヴィニシウス・ジュニオールのスピードに苦しめられた場面はあったが、それでも経験に裏打ちされた間合いの取り方と守備技術で対抗し、後半78分までプレー。チームは延長の末に敗れたものの、ハイレベルなパフォーマンスを披露した。

まったく衰える雰囲気のない36歳のルカ・モドリッチまったく衰える雰囲気のない36歳のルカ・モドリッチ この記事に関連する写真を見る  昨年11月にシャビ新監督に自ら志願して加入した百戦錬磨の大ベテランは、年明け1月5日に行なわれたスペイン国王杯でデビューすると、3日後のグラナダ戦(ラ・リーガ第20節)では2試合連続となるフル出場。しかも、後半57分には抜群のクロス供給でFWルーク・デ・ヨングの先制ゴールをアシストするなど、衰えを感じさせないプレーを見せていた。

 ダニ・アウベスは現在38歳。少し前までにあったサッカー界の常識に照らせば、この年齢のフィールドプレーヤーにして、これだけのパフォーマンスを維持できること自体が規格外と言える。

 しかし今シーズンのラ・リーガを見渡すと、ダニ・アウベスに負けず劣らずのプレーを続ける"オーバー35"の選手は意外と多い。その筆頭が、現在首位を走るレアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチにほかならない。

「ボールを持っている時も持っていない時も、あらゆる面ですばらしいプレーを見せてくれた。並外れた選手だね」

 アトレティコ・マドリードとのダービーマッチで勝利の立役者となったモドリッチを、そのように賞賛したのは、チームを率いる名将カルロ・アンチェロッティだ。