2021.11.09

シャビ監督就任でバルサはこうなる。超攻撃的3-4-3採用の可能性は?

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 11月8日(現地時間)、FCバルセロナの監督に就任したシャビ・エルナンデスが本拠地カンプ・ノウでサポーターに挨拶をし、最初の記者会見に臨んだ。2024年6月末までの契約で、弟のオスカル・エルナンデスなど7人のスタッフを引き連れての"組閣"となった。

「我々は最高のクラブだ。最高のクラブは勝たなければならない。当然、要求も高くなるが、私はとても楽観的に考えている」

 バルセロナ系のスポーツ紙『エル・ムンド・デポルティーボ』はバルセロナ空港に降り立ったシャビを直撃し、その肉声を引き出していた。6年ぶりの監督としての復帰は祝祭のはずだが......。英雄は厳しい仕事に向き合うことになるだろう。

 それに先立つ6日、セルジ・バルファン暫定監督が率いるバルサはセルタと戦い、前半は攻撃がかみ合い、3-0とリードした。ところが、ケガ人が出た後半は、リードした緩みもあったか、守勢に回って貧弱さが際立った。あっという間に3点を返され、試合は引き分けに終わっている。リーガ・エスパニョーラは9位に低迷したままだ。

 シャビは迷走するバルサを救えるのか?
 
バルセロナの監督に就任、カンプ・ノウでファンに手を振るシャビ・エルナンデスバルセロナの監督に就任、カンプ・ノウでファンに手を振るシャビ・エルナンデス この記事に関連する写真を見る  ひとつ言えるのは、「シャビは前任者ロナウド・クーマンと違う」という点だろう。

 クーマンはバルサスタイルの始祖であるヨハン・クライフのもとでプレーし、ドリームチームの一員だったが、指導者としてはクライフイズムと真逆の立場にいる。ボールありきの能動的サッカーではなく、相手の嫌なことをする受動的なプレースタイルを信奉。守備への強迫観念が強く、攻撃はカウンターで効率化を目指し、フィジカルインテンシティを重視した。

「自分たちがボールを持っていれば、相手は攻撃できない。失うとしても、自分たちのゴールから80メートルは離れた地点だ。失ったら、即座に奪い返して攻撃へ」

 そう言うシャビは、クーマンとは対極と言える。就任の記者会見で本人も強調したように、まさにクライフイズムの権化。カタールのアル・サッドをリーグ王者に導き、監督としても理論を実践している。