2021.11.04

ジョタ、カンセロがCLで大活躍。技巧派ポルトガル人選手がビッグクラブを支えている

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by AP/AFLO

 チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第4節は、第3節のカードのリターンマッチになる。ホーム&アウェー戦を、前の節の戦いの余韻を残しながら間を置かずに戦う。

 第3節の戦いを見て、最も高いレベルで拮抗していたのが、リバプールとアトレティコ・マドリードの一戦だった。アウェーのリバプールが2-3で勝利したが、0-2でリードしながらアントワーヌ・グリーズマンに2ゴールを許して同点とされる展開は、リバプールにとってよい勝ち方ではなかった。リバプールに決勝ゴールが生まれたのは、活躍していたグリーズマンが不運な赤紙判定で退場に追い込まれ、アトレティコが10人になった後になる。

 アンフィールドで行なわれる両軍の戦いといえば、2シーズン前のCL決勝トーナメント1回戦を想起する。アトレティコが延長戦で大逆転劇を演じた一戦だ。CL第4節の戦いに期待感は募った。

 ところが、結果は呆気なかった。2-0。リバプールの完勝に終わった。先制点が生まれたのは開始12分。リバプールは、右サイドをジョーダン・ヘンダーソン、モハメド・サラー、アレキサンダー・アーノルドのドリブルをまじえたパス交換で崩し、アーノルドが最終ラインの裏へクロスボールを送り込むと、その背後へ勘よく抜けだしたディオゴ・ジョタが、これをヘッドで流し込んだ。

アトレティコ・マドリード戦で先制ゴールを決めたディオゴ・ジョタ(リバプール)アトレティコ・マドリード戦で先制ゴールを決めたディオゴ・ジョタ(リバプール) この記事に関連する写真を見る  昨季、ウルバーハンプトンから加入した24歳のポルトガル代表FWだ。2019-20シーズンまでのリバプールのFWは、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラーの3トップが看板を張っていた。そのシーズンの冬、リバプールに加わった南野拓実はフィルミーノのサブという扱いだったが、スタメンを奪うのは難しい状況だった。

 ところが、そのおよそ半年後に入団したジョタは、フィルミーノとスタメン争いを展開。今季はここまでフィルミーノに対して、そのおよそ倍の時間、出場している。サラーとモネの間に入って、スタメンの座を掴んだ状態にある。