2021.08.28

メッシ、ロナウドの移籍で欧州サッカーが変わる? 今季CLの見どころはここだ

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by AFP/AFLO

 2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)。決勝の舞台は、ロシアが誇る水の都サンクトペテルブルクだ。ふだんゼニトのホームとして使用されている「ガスプロム・アレーナ(別名クレストフスキー・スタジアム)」は、故黒川紀章氏の設計で、目の前にフィンランド湾が広がる風光明媚なロケーションにある。決勝戦は2022年5月28日。もしコロナが収束していれば、「ぜひ現地観戦を」とお勧めしたくなるUEFA選定の最上級(カテゴリー4)スタジアムだ。
 
 8月26日、今季のグループステージの組み合わせ抽選が行なわれた。9月14日、15日に第1節がスタート。12月7日、8日にかけて計6試合を消化する。

【A組】マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン(PSG)、ライプツィヒ、ブルージュ
【B組】アトレティコ・マドリード、リバプール、ポルト、ミラン
【C組】スポルティング、ドルトムント、アヤックス、ベシクタシュ
【D組】インテル、レアル・マドリード、シャフタール・ドネツク、シェリフ・ティラスポリ
【E組】バイエルン、バルセロナ、ベンフィカ、ディナモ・キエフ
【F組】ビジャレアル、マンチェスター・ユナイテッド、アタランタ、ヤングボーイズ
【G組】リール、セビージャ、ザルツブルク、ヴォルフスブルク
【H組】チェルシー、ユベントス、ゼニト、マルメ

 ポルトのドラゴン・スタジアムで行なわれた昨季の決勝戦は、2007-08シーズン以来、史上2度目となるイングランド勢同士の対決となった。チェルシー対マンチェスター・シティ。金満クラブ系同士の対戦でもあった。レアル・マドリード、バルセロナのスペインの2強を軸に、バイエルン、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール......と続く伝統的なビッククラブとは趣が少々異なる。新興チーム的な側面があるビッグクラブだ。

ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティと同組になったパリ・サンジェルマンのリオネル・メッシジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティと同組になったパリ・サンジェルマンのリオネル・メッシ この記事に関連する写真を見る  PSGも同系である。一昨季は決勝でバイエルンに、昨季は準決勝でマンチェスター・シティに、それぞれ完敗。欧州の頂上を目前にしながら制覇できずにいる。リオネル・メッシを獲得した一番の理由だと思われる。