2020.09.02

メッシとロナウドの共演が見たい! 破壊力MAXのユベントス布陣を考えた

  • 中山 淳●文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

ワールドサッカー天才ランキングはこちら>>

 マンチェスター・シティか、インテルか、パリ・サンジェルマンか? それともバルセロナ残留か?

メッシとロナウドの共演こそ、誰もが見たい夢のコンビだ リオネル・メッシが、所属のバルセロナに対して移籍志願レターを送付して以来、世界はメッシを巡る移籍のニュース一色に染まっている。

 カンテラ時代を含めて約20年にわたってバルサ一筋を貫き、その間、クラブとしても個人としても数え切れないほどのタイトル獲得や記録更新を成し遂げてきたメッシ。そんな彼が、33歳にして他チームに移籍するとなれば、それこそサッカー史に残る一大事件。その真偽のほどは別として、世界中のメディアが連日のようにメッシの移籍にまつわるニュースを報じるのも当然だ。

 メッシが最終的にどの道を選択するかはそれこそ「神のみぞ知る」だが、その去就がはっきりするまでは、少なくともサッカーファンにとっては移籍先を巡って夢が膨らむ時期であることは間違いない。

 とりわけ10年以上の長期にわたり、世界の年間最優秀選手に授与されるバロンドールを分け合ってきたクリスティアーノ・ロナウドとの共演は、ファンなら誰もが一度は見てみたいと思う最大の関心事と言える。

 果たして、メッシがユベントスに移籍してロナウドとチームメイトになったとしたら、ピッチでは一体何が起きるのか? 2大スターの共演によって、サッカー史に残る"破壊力マックス"のチームが出来上がることは必至だ。

 そもそも、これまでメッシとロナウドが記録してきたゴール数だけを見ても、その恐ろしさは想像に難くない。

 まず、バルサでトップデビューを果たした2004-05シーズン以来、メッシはこの16シーズンで公式戦731試合に出場し、計634ゴールをマーク。ヨーロッパ年間最多得点記録者に贈られるゴールデンシューは、これまで6度も受賞している。