2020.04.26

歴代監督曰く、プジョルがいなければ
バルサの攻撃サッカーは成立しない

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Denis Doyle/Getty Images

欧州スター選手列伝
極私的バロンドール(7)
カルレス・プジョル(2005-06)

 2004年秋のことだった。バルセロナが用意したインタビュールームに入ってきたカルレス・プジョルは、肩まで伸びた髪を靡かせ、筋骨隆々の体を揺らし、サッカー選手というより、レスラーのようだった。堂々とした足取りに隙がない。剛の者の気配だ。

「ヘラクレス」

 それが当時の異名だったが、当たらずとも遠からず。伝説上、赤ん坊のヘラクレスは襲ってきた蛇を絞め殺し、長じてあらゆる武芸を身につけ、無敵の戦士となったが――。

バルセロナ、スペイン代表で活躍したプジョル「闘うことでしか、自分を表現できない」

 プジョルは言った。戦う、ではない。闘う、と訳すべきだ。

 そのサッカー人生は数奇である。

 プジョルは、怖いもの知らずの少年だった。ジャンプ台から自転車で空を飛び、「どこまで跳べるか」を競う。当然、骨折や生傷は絶えなかったが、ちっとも懲りなかった。

 14歳になるまでは、運動靴でプレーしていた。スパイクを履いたことはなかったという。地元にジュニアチームがなく、フットサルを仲間と興じるレベルだったが、バルサの選手になることを信じて疑わなかった。