2020.04.25

「無敵チーム」で抜群の存在感。
アンリはゴールを優雅に軽々と決めた

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • photo by AFLO

欧州スター選手列伝
極私的バロンドール(6)
ティエリ・アンリ(2003−04)

 きっと、サッカーを愛する者ならば、忘れられないチームというのがあるだろう。現状のチームと照らし合わせて、「あの頃は……」と物思いに耽(ふけ)ってみたり、当時を思い出して誰かと熱く語り合ったりする機会もあるはずだ。

アーセナルを無敗優勝に導いたティエリ・アンリ 最近でいえば、ペップ・グアルディオラが采配を振るうマンチェスター・シティや、ユルゲン・クロップが指揮するリバプールも、いずれはそうした存在へと昇華していくことだろう。

 インビンシブルズ——。かつて無敵と称されたチームが、私にとっての”それ”だった。

 2003−04シーズン、プレミアリーグを無敗で優勝したアーセナルだ。そこから今日まで辿っていっても、この快挙を達成したチームは存在しない。

 26勝12分。ドローの数こそ多かったものの、アーセン・ベンゲルに率いられたアーセナルは心底、小気味よいサッカーを展開していた。