2020.04.24

ネドベドの全力プレーは欧州を席巻した。
CL決勝出場停止の悲劇も

  • 中山 淳●文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

欧州スター選手列伝
極私的バロンドール(5)
パベル・ネドベド(2002-03)

 サッカーの世界では、後世に語り継がれるような印象的なシーンは、ゴールという華やかな瞬間に由来することが多い。それは、圧倒的に攻撃系の選手によって受賞者が占められている、バロンドールの歴史を見ても明らかだろう。

2002-03シーズンのCLレアル・マドリード戦は語り草。ユベントスはネドベドの活躍で決勝に進出した しかし、攻撃的MFでありながら、華やかなゴールとはかけ離れたワンシーンが大きなきっかけとなり、ヨーロッパ最優秀選手の座を射止めた男がいる。無尽蔵のスタミナでピッチを走り回り、界中のファンに愛されたユベントスの名手、チェコ代表パベル・ネドベドである。

 時は2002-03シーズン、欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝。第1戦を1-2で落としたユベントスが、ホームに優勝候補最右翼と目された銀河系軍団レアル・マドリードを迎えた第2戦だ。