2020.04.23

CL史上、最もマジメな得点王。その
フィンランド人は10番の概念も変えた

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 赤木真二●写真 photo by Akagi Shinji

欧州スター選手列伝
極私的バロンドール(4)
ヤリ・リトマネン(1995-96)

1994-95シーズンはアヤックスのCL優勝に貢献したヤリ・リトマネン 1992-93シーズンにスタートしたチャンピオンズリーグ(CL)。その27年の歴史のなかで、「最も印象に残るチームは?」と問われれば、1994-95シーズンの覇者、アヤックスと即答する。

 続く1995-96シーズンは準優勝。1996-97シーズンもベスト4と、アヤックスは3シーズンにわたり、欧州の頂点付近に君臨した。

 1994-95シーズン優勝の立役者を語るとしたら、真っ先に名前が挙がるのはフランク・ライカールトだ。その前シーズンにミランから復帰。1988-89、1989-90シーズンにCL2連覇を飾るなど、ミラン時代に培った王者の気質で、アヤックスという若くて経験の浅いチームをリードし、優勝に導いた。

 ライカールトはしかし、このCL優勝を最後の花道に、現役を引退する。では、ライカールト引退後の1995-96シーズン、最も貢献度が高かった選手は誰か。

 ルイス・ファン・ハール監督率いるアヤックスは、中盤ダイヤモンド型3-4-3を敷いていた。当時、採用する布陣の珍しさも目に留まったが、その布陣を構成するメンバーのバラエティさも驚きに値した。