2018.09.28

香川真司が久保裕也を高評価。
自らのポジション争いは「貪欲に」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by AFLO

 ブンデスリーが第5節、ドルトムントがニュルンベルクを7-0の大差で下した。先週のチャンピオンズリーグ(CL)はブルージュに1-0で辛勝、週末のホッフェンハイム戦も何とか1-1に追いつく展開と、苦戦が続いた後の大勝だった。

大勝したニュルンベルク戦の後半62分から出場した香川真司 ルシアン・ファブレ監督は「2-0としたところで安心できた。その後も大量に得点できてすばらしい試合になった」と胸を張った。ホームで7-0というスコアで勝ったのは奇しくも1986年9月26日以来、ちょうど32年ぶりのことらしい。

 86分まで出場したニュルンベルクの久保裕也は責任を感じながら、目線を次に向けていた。

「切り替えます。僕もチャンスが2、3本ありましたし、そこを決めていたら個人的にも変わっていたかなと思います」

 その久保について、香川真司はベタ褒めした。

「裕也、非常によかったですね。見ていた感じ、(ニュルンベルクは)裕也のチームだと思う。セットプレーも彼のところに(ボールが)来る。もちろんチーム事情は大変だと思うけど、アピールしたら次が見えてくると思う。厳しい環境ではあるけど、結果を残せばさらに上を目指せると思うので。さっきも『ドイツに来られて本当によかった』という話もしていた。今日は(大敗したが)、こういう日もあると。でも、本当に楽しそうだったので、これからじゃないですか」