2018.09.27

ムバッペはペレ、マラドーナ級? 
対戦相手とのユニ交換は争奪戦激化

  • サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper 森田浩之●訳 translation by Morita Hiroyuki

【サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】ムバッペ伝説、第2章(後編)

前編を読む>>

 キリアン・ムバッペと、フランス代表の同僚であるプレスネル・キンペンベ、アルフォンス・アレオラがシーズン開幕前にパリ・サンジェルマン(PSG)に帰ってきたとき、チームメイトは彼らを囲んで拍手を送った。

 3人が勝ち取ったワールドカップ優勝の栄誉は、PSGのチームメイトであるネイマールにも永遠に手が届かないものだろう。しかし、ムバッペはフランスのテレビ局TF1のカメラに向かって、言葉を選ぶようにして言った。

「ネイマールは僕なんかより、ずっとスーパースターだ。バルセロナで活躍してきたからこそ、今の彼がある」

FIFAフットボールアワード2018会場でファンにサインをするキリアン・ムバッペ photo by Getty Images 8月18日、ムバッペはワールドカップ決勝以来、初めて試合に出たが、会場はブルターニュの小さな町のスタジアムだった。PSGはギャンガンを相手に、前半を終えて0-1とリードを許していた。ムバッペは後半から入り、2ゴールをあげて試合を引っ繰り返した。

 ギャンガンには、ムバッペと同じピッチに立っているということだけで明らかに感動している選手が何人もいた。ムバッペの新たな課題のひとつは、試合後にユニフォームの交換を求めてくる相手チームの選手が6人いる場合にどう対応するかだろう。

 今シーズンの彼は、リーグ戦の第6節を終えた時点で、2試合と半分に出場して4ゴールをあげている。10代のうちに通算30ゴールを達成したが、これはフランスリーグで45年ぶりのことだ。