2018.09.26

大迫勇也は監督からの信頼度抜群。
病み上がりでも「出場時間延長」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 ブンデスリーガ第5節は9月25日、26日の平日開催だ。ちなみにドイツでは、プレミアリーグの試合数が多いことになぞらえて、平日に試合が開催される週を「Englisch Woche」(英国週間)と呼ぶ。リーグ戦としては今年最初の「Englisch Woche」、ブレーメンはヘルタ・ベルリンをホームに迎えた。週末の試合とやや雰囲気が違う、なぜか少し浮かれた熱気にスタジアムは包まれていた。

 この試合で、ブレーメンの大迫勇也が先発に復帰した。第4節アウクスブルク戦は、体調不良のためにベンチ外となっていた。ヘルタ戦後に本人が説明したところによると、理由は胃腸炎。第3節ニュルンベルク戦直後の火曜日頃から症状に見舞われ、短期間で3キロも体重が落ちたそうだ。

ヘルタ・ベルリン戦にフル出場し勝利に貢献した大迫勇也 もともと華奢に見えるタイプの大迫。ユニフォームを着ている限りあまりその差はわからなかったが、かなり疲労している様子には見えた。練習に復帰したのは試合前々日の日曜日だったと言うが、そのときもシュート練習程度で終わらせたそうだ。

「短期間に、なんとか頭の中を切り替えることができました」

 試合後の大迫は、苦笑いを浮かべながら語った。病み上がりだというのに、結局、フル出場。「あと10分」「あと10分」と、フロリアン・コーフェルト監督から「少しずつ出場時間を延ばされた(笑)」(大迫)。そんな大迫の奮闘もあり、試合はブレーメンが3-1で快勝している。

「よく90分出ました。僕のこと信頼してくれているというのはすごく感じますし、それにもっともっと応えていかなければと思います」