2018.08.14

タイの大富豪が岡崎慎司も所属の
レスターを買収して手にした「保険」

  • ジェームス・モンターギュ●取材・文 text by James Montague
  • 井川洋一●訳 translation by Yoichi Igawa

フットボール・オーナーズファイル (3)

ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ/レスター

(前回の記事はこちら>>)

 フットボールの歴史において、下馬評を覆してタイトルを獲得したチームは少なくない。たとえば、2007年のアジアカップでは、戦時下の祖国を離れていた選手たちばかりだったイラク代表チームがトロフィーを掲げ、第二次世界大戦の終了からわずか9年後に行なわれた1954年スイスW杯では、のちに「ベルンの奇跡」と呼ばれる劇的な勝利により西ドイツが戴冠している。

 しかし、純粋に予想を覆したという意味では、2015-16シーズンのプレミアリーグで優勝を成し遂げたレスターに勝るチームはないだろう。

レスターの優勝セレモニーでトロフィーを掲げる岡崎慎司 photo by AP/AFLO そのシーズンのリーグ開幕前、あるブックメーカーはレスターの優勝に対して5000倍の配当をつけていた。それほどの大番狂わせは、スポーツ界全体でも2度と起こらないに違いない。とくに”カネ”がモノをいう現代のフットボールでは、リッチなチームの間でタイトルが争われている。世界中の人々はそれを理解しているからこそ、この偉業を大いに称えたのだ。

 クラウディオ・ラニエリ前監督(現FCナント監督)に率いられた地味なクラブは、安く手に入れた選手たちで構成されていた。ジェイミー・バーディー、リヤド・マフレズ、エンゴロ・カンテ・・・・・・今やビッグネームとなった選手たちだが、当時はほとんど無名に近い存在だった。

 弱小クラブだったレスターにできたことは、どんなクラブにもできるはず。そう思う人がいても不思議ではないが、実際は事情が異なる。そこにはひとりの男の存在があった。偉業達成に大きく寄与した、あるいは最大の功労者といえるかもしれない人物、タイの大富豪であるヴィチャイ・スリヴァッダナプラバだ。

 タイの免税店最大手「キングパワー・インターナショナル」のオーナーであるヴィチャイは、2010年におよそ4000万ポンド(当時の為替レートで約62億4000万円)でレスターを買収した。イングランドのフットボールクラブを手にした外国人富豪の例に漏れず、当時、現地に彼のことを知るものはほとんどいなかった。