2018.04.12

バルセロナのオーラが消えちゃった。
ローマに「実力負け」でCL敗退

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Getty Images

 いまバルセロナを評価する際、拠りどころになりやすいのは、首位を独走する国内リーグにおける成績だ。スペインのレベルは確かに高い。UEFAリーグランキングにおいて、現在2位イングランドに大差をつけ、トップの座に君臨する。

 しかし、国内一と欧州一とではステイタスに著しい開きがある。勝るのは断然、後者だ。スペインリーグ目線でチャンピオンズリーグ(CL)を見るのはナンセンス。真のレベルはCLの戦いに見て取れる――との前提に立てば、バルサのこれまでの戦いぶりはけっして褒められたものではなかった。

 スペインリーグの好成績を拠りどころにすれば、楽観的になれるかもしれないが、CLの戦いぶりを眺めれば、思い切り悲観的にならざるを得ない。そこでは優勝を狙うだけのプレーを披露できずにいた。

 今季は失点が少ない。これまでのバルサに比べてディフェンスがよくなった、とはよく言われる台詞だが、これなどはまさに国内リーグ基準のローカルな評価の典型だ。CL的には、プレッシング色が薄れ、後ろで守る凡庸なチームに成り下がったと言うべきだろう。

 その分、攻撃力も減退。リオネル・メッシ、ルイス・スアレスの2トップ頼みのサッカーに陥った。

CL準々決勝でローマに敗れ、うつむくリオネル・メッシ(バルセロナ) ネイマールがいた昨季までは、攻撃の柱は3本だった。それこそがバルサ伝統のスタイルだった。それが今季は2人に減った。

 ネイマールの代役なのかどうか定かではないが、今季途中、リバプールから巨費を投じて獲得したコウチーニョは、戦力にならずじまい。今季加入した同じくブラジル代表のパウリーニョも、スタメンを飾れずにいる。途中交代で出場することが多いウスマン・デンベレも、例えばレアル・マドリードのルーカス・バスケスのような計算できる何かを持っているわけではない。