2018.03.15

バルサ、開始2分で45本のパス成功→
メッシの一撃→チェルシー崩壊

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、バルセロナ対チェルシー。チェルシーホームの第1戦は1-1。第2戦を前に、両者は6分4分の関係にあった。

 試合がこのまま終わればバルセロナの勝ち。追いかける立場にあったチェルシーだが、立ち上がりから3-4-2-1の4の両サイド(マルコス・アロンソとビクター・モーゼス)が最終ラインに下がる5バックの態勢で守った。高い位置からプレッシャーをかけず、引いて構えて様子をうかがおうとした。敗因はここにあった。

チェルシー戦で2ゴールを決め、CL通算100ゴールとしたメッシ バルサは悠々とパスを回す。キックオフから連続して繋がったその本数は31本に及んだ。チェルシーで初めてボールに触れた選手は、左センターバックのアントニオ・リュディガーで、31本目のパスを受けたバルサの右ウイング(右サイドハーフと言うべきか)ウスマン・デンベレが試みた縦突破をスライディングタックルで止めたシーンになる。だが、ボールはタッチアウトに終わった。

 バルサの連続パスはさらに続いた。セルジ・ロベルトのスローインを32本目とすれば、リオネル・メッシがセルヒオ・ブスケツから受けた横パスは42本目になる。

 そこでドリブルを開始したメッシは、43本目のパスをデンベレとのワンツーにしようとした。だが、その44本目となるリターンのパスは、マルコス・アロンソの足に当たり、メッシに戻らなかった。連続パス記録は、ここで途絶えたかと思った瞬間だった。そこに登場したルイス・スアレスが、こぼれ球を拾い、縦に疾走していたメッシへのラストパスとしたのだった。

 繋いだパス45本。46本目は、チェルシーGKティボ・クルトワの股間を抜け、チェルシーゴールに吸い込まれる一発になった。