2018.03.15

森岡亮太、ベルギーでの成功を語る。
辺境からW杯へ、すさまじい出世

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 3月11日、森岡亮太の所属するアンデルレヒトはベルギー1部リーグのレギュラーシーズン最終戦を行ない、ホームに迎えたアントワープを2-1で下した。開始3分にセンターバックのDFレアンデル・デンドンケルが退場となるアクシデントに見舞われたが、アンデルレヒトのイレブンは気落ちすることなく、「俺たちが勝つんだ」という姿勢を最後まで崩さなかった。

アントワープ戦でもPKを獲得して存在感を示した森岡亮太「ひとり減ったあとの、あの雰囲気……。『優勝争いをするチームは、こういう(=絶対に勝つ)雰囲気なんだろうな』というのを感じました」(森岡)

 77分にFWシルベール・ガンボウラが決めた決勝点のPKは、森岡が倒されて奪ったものだった。アンデルレヒトに入団してから約1ヵ月半――。当初はチームに馴染めなかった森岡だが、ハイン・ファンハーゼブルック監督に「フリーランニングで相手と『1対1』の状況を作る」という個人戦術を授けられてからは、相手にとって脅威となるプレーが増えてきた。

 また、試合ごとにチームメイトとの連係も向上してきた。MFスヴェン・クムス、MFアドリエン・トレベル、MFピーター・ゲルケンス、MFケニー・サイエフらとのパス回しに、森岡は「やりながら見ていて『うまいなあ』と思います」と感嘆するが、そう言う本人こそ中盤とFWウカシュ・テオドルチュクをつなぐアンデルレヒトの生命線なのだ。

 81分にトレベルも退場処分となり、アンデルレヒトは9人になった。だが、残り時間を専守防衛に徹し、1点のリードを見事に守りきった。

 試合後、ファンハーゼブルック監督は「テオ(テオドルチュク)と森岡のキープ力が抜群だった」と語り、数的不利のなか、前線でボールをキープし続けたふたりの名前を何度も繰り返しながら褒め称えた。その気持ちはファンも同じだったようで、森岡がベンチに下がるときには観客席から大きなスタンディングオベーションが贈られていた。

 アンデルレヒトに移籍して計6試合。森岡は3ゴール・1アシストという数字を残している。そのうち、PK奪取は3回だ。森岡がフリーランニングで相手ペナルティエリア内に走り込み、そこに味方からの縦パスが届いて危険ゾーンで敵と「1対1」になる――。それが、森岡のPK奪取のパターンとなっている。