ひらめきのGK、カシージャスはもう終わったのか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

<もし、彼が変身できなくなっていたとしたら……生身のカシージャスでは戦えないのではないか>

 そんな思いもよぎるが、それは妄想に過ぎない。

「イケルはチャンピオンになるべくして生まれたGKだよ」

 そう語っていたのは、60年代にスペイン代表としてゴールを守った伝説的GK、ホセ・アンヘル・イリバルだった。

「彼は試合の中で成長してきた。それは決して簡単なことではない。一つ一つのプレイが確信に満ちている。それによって、チームが活気づくのさ」

 はたして、スーパーマンは甦(よみがえ)るのか。その物語には続編があるに違いない。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る