清水・乾貴士(35歳)がトップ下で輝きを取り戻した! ピカイチの技術でエスパルスをJ1昇格に導く

  • 戸塚 啓●取材・文 text by Totsuka Kei
  • photo by Getty Images

【J1昇格に向けて右肩上がり】

 全42試合で争われるJ2リーグは後半戦に突入しており、FC町田ゼルビアが勝ち点53で首位を快走する。さらに東京ヴェルディ、大分トリニータ、ジュビロ磐田、V・ファーレン長崎、ヴァンフォーレ甲府が、勝ち点3差でJ1自動昇格圏の2位を争っている。

 勝ち点38の清水は、その後方の7位に位置する。7月8日の次節は大分との直接対決で、ここで勝利すれば昇格戦線に本格的に加わることができる。

 そのためには、乾のフル稼働が不可欠だ。35歳のさらなるアップデートが、清水をJ1昇格圏へ押し上げていく。

プロフィール

  • 戸塚 啓

    戸塚 啓 (とつか・けい)

    スポーツライター。 1968年生まれ、神奈川県出身。法政大学法学部卒。サッカー専
    誌記者を経てフリーに。サッカーワールドカップは1998年より7大会連続取材。サッカ
    ーJ2大宮アルディージャオフィシャルライター、ラグビーリーグワン東芝ブレイブルー
    パス東京契約ライター。近著に『JFAの挑戦-コロナと戦う日本サッカー』(小学館)

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る