2022.02.24

ガンバ大阪を強くするためにやってきた齊藤未月。「Jリーグでもう一度、自分の価値を示したい」

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • photo by (c)GAMBA OSAKA

Jリーグ2022開幕特集
ガンバ大阪/齊藤未月インタビュー

photo by (c)GAMBA OSAKAphoto by (c)GAMBA OSAKA この記事に関連する写真を見る  チームの始動日からはやや遅れて、沖縄キャンプからチームに合流した齊藤未月は、ガンバ大阪への期限付き移籍に自身の"再生"を誓った。

「2016年にプロになってから、僕は大きなケガもしたことがなく、正直プロ生活のなかでつまずいたというような経験をしたことはありませんでした。ただ、ルビン・カザン(ロシア1部リーグ)に行って初めてケガをして、手術もし、チームの問題や僕自身の実力不足もあって、あまり試合に出られず......。

 結果的に、コンディション的にも、プレーとしてもうまくいかないという悔しい時期を過ごして日本に戻ってくることになりました。ですが、そのことが一概に悪いとは思っていないというか......。当然ながら、ケガをせずに戦えるのも選手としての実力、能力だとは思いますけど、それも含めてサッカー選手だと考えれば、大事なのはこの先のキャリアにおいて『あの時、ケガをしてよかったな』『ロシアでいろんな経験をしてよかったな』と思えるようにすることだと思っています。

 そのためにも、ガンバで試合に出て、ガンバを勝たせたいという気持ちは強いです。個人的にはまた海外にチャレンジしたいという気持ちもあるし、日本代表としても戦いたいと思っているので、そこに近づくためにもガンバで活躍を見せなければいけないし、もう一度、しっかりとJリーグの舞台で自分の価値を示していきたいと思っています」