2022.02.23

地元出身で生粋のサポーターがプロ選手へ。新生ガンバの担い手・山見大登が辿った新奇な人生

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • photo by (c)GAMBA OSAKA

Jリーグ2022開幕特集
ガンバ大阪/山見大登インタビュー

photo by (c)GAMBA OSAKAphoto by (c)GAMBA OSAKA この記事に関連する写真を見る  関西学院大学在学中の昨年、山見大登はガンバ大阪の特別指定選手として大きなインパクトを残した。

 なかでも、忘れられないのはJ1リーグ第24節(8月13日)の清水エスパルス戦だ。特別指定選手としての登録から10日後、初めてベンチ入りを果たすと、スコアレスで迎えた76分、途中出場でピッチへ。その直後には、挨拶がわりの豪快なミドルシュートを放った。

 残念ながらこのシュートは相手GKの好セーブに阻まれたが、その6分後、小野裕二(→サガン鳥栖)からの縦パスを受けた山見はドリブルで縦に仕掛け、強烈なミドルシュートでゴールネットを揺らす。"J1初ゴール"はチームに勝利を呼び込む決勝点になった。

「ドリブルが特徴なので、出場する時から仕掛けようと決めていた。コースが見えたので、思いきって振り抜きました」

 試合後にはやや緊張した面持ちでインタビューに応えていたのが印象的だったが、ガンバに加入した今年、改めてあのゴールについて尋ねると「たまたま決まったゴール」だと苦笑いを浮かべた。

「正直、大学でもあんな形で綺麗にゴールを決めたことはなかったので、たまたまです(笑)。自分としては、最初のプレーでうまく(試合に)入れたら乗れるかなとは思っていたなかで、入ってすぐに(山本)悠樹くんからいいパスがきてシュートまで持っていけて、『今日は動けてるな』って感触があり、2本目も思いきり打てた、というのはありました。