2022.02.14

今季J2のJ1昇格・J3降格を識者が予想。「見ていてワクワク」「新監督の名前にずっこけた」「1年で戻った例は…」

  • photo by Getty Images

Jリーグ2022開幕特集
J2リーグ「昇格」「降格」予想座談会@前編

 昨シーズンのJ2リーグは、ジュビロ磐田が堅実な戦いで優勝を果たし、続いて京都サンガF.C.が2位に食い込んでJ1昇格を決めた。一方、残留争いは最終節までもつれ込み、松本山雅FC、ギラヴァンツ北九州、愛媛FC、SC相模原の4チームがJ3降格となった。

 2月19日に開幕する2022シーズンのJ2リーグ。J1からは徳島ヴォルティス、大分トリニータ、ベガルタ仙台、横浜FCの4チーム、J3からはロアッソ熊本といわてグルージャ盛岡がJ2の舞台にやってくる。はたして今シーズン、J1に昇格するチーム、J3に降格するチームはどこなのか。Jリーグを長年取材する3人の識者に座談会形式で話を聞いた。

2022シーズンのJ2リーグを戦う全22チーム2022シーズンのJ2リーグを戦う全22チーム この記事に関連する写真を見る ---- 今回は3人のみなさんに今季のJ2について語っていただきたいと思います。まずはその前に、昨季の印象から聞かせてください。

浅田真樹氏(スポーツライター/以下:浅田) 上位は下馬評どおりで、珍しく堅い決着のシーズンだったと思います。J1に昇格した1位の磐田と2位の京都は、競馬風に言えば1、2番人気のチームで、3位の甲府や4位の長崎も少なくとも5番人気以上のチーム。昨季はJ1から降格してきたチームがなかったので、それが影響して例年のような混戦にならなかったのではないかと見ています。

中山淳氏(サッカージャーナリスト/以下:中山) 昨季はJ1参入プレーオフがなくて、最大4チームが降格するという特殊なレギュレーションだったので、最後まで熾烈な戦いが続いたのは残留争いのほうでしたよね。

 特にJ2からJ3に降格してしまうと、収入面も含めてJ1からJ2の落差以上の打撃があるので、昨季のJ2は本当に大変なシーズンだったと思います。松本、北九州、愛媛、相模原の4チームが降格したわけですが、そのなかでは松本が降格したのは予想外でしたね。

杉山茂樹氏(スポーツライター/以下:杉山) しかも松本は最下位での降格ですからね。つい2シーズン前まではJ1にいたことを考えると、これはちょっとした事件。もちろん松本は財政的にJ1に定着するのは難しい規模ではあるけど、ここまであっさりJ3に降格してしまうとは思いませんでした。