2022.02.14

J2で識者が注目する監督、選手は?「毎回しっかりしたチームを作る」「将来有望な16歳」「J1移籍もある」

  • photo by Getty Images

Jリーグ2022開幕特集
J2リーグ「昇格」「降格」予想座談会@後編

 昨シーズンのJ2リーグは、ジュビロ磐田が堅実な戦いで優勝を果たし、続いて京都サンガF.C.が2位に食い込んでJ1昇格を決めた。一方、残留争いは最終節までもつれ込み、松本山雅FC、ギラヴァンツ北九州、愛媛FC、SC相模原の4チームがJ3降格となった。

 2月19日に開幕する2022シーズンのJ2リーグ。J1からは徳島ヴォルティス、大分トリニータ、ベガルタ仙台、横浜FCの4チーム、J3からはロアッソ熊本といわてグルージャ盛岡がJ2の舞台にやってくる。はたして今シーズン、J1に昇格するチーム、J3に降格するチームはどこなのか。Jリーグを長年取材する3人の識者に座談会形式で話を聞いた。

◆J2座談会@前編はこちら>>「見ていてワクワク」「新監督の名前にずっこけた」「1年で戻った例は...」

2022シーズンのJ2リーグを戦う全22チーム2022シーズンのJ2リーグを戦う全22チーム この記事に関連する写真を見る ---- 前編では、みなさんに今季のJ1昇格候補について語っていただきました。今季のJ2を監督という切り口で見た場合、注目しているチームはありますか?

浅田真樹氏(スポーツライター/以下:浅田) まず今季のJ2では、多くのチームで監督が替わっていますよね。昨季の途中から監督に就任して今季2年目という監督を含めると、監督が替わっていないチームのほうが圧倒的に少ない。降格組の徳島(ダニエル・ポヤトス)、町田(ランコ・ポポヴィッチ)、千葉(ユン・ジョンファン)、水戸(秋葉忠宏)、秋田(吉田謙)、金沢(柳下正明)、そして昇格組の熊本(大木武)と盛岡(秋田豊)、J2全22チーム中8チームしかない。

 そういう意味では、たとえば片野坂知宏監督(現G大阪監督)が大分の監督になってJ3からJ1まで引き上げたような、ひとりの監督が中長期的にチームを成長させて、サッカーの質も高めていくような話も成立しない。そういった期待はできない、というのが現状ですね。

 また、監督を見る時に、3年かけて花を咲かせるという「3年周期説」という話もあるじゃないですか。それで言うと、今季3年目になるのは、熊本の大木監督、盛岡の秋田監督、秋田の吉田監督、水戸の秋葉監督、千葉のユン・ジョンファン監督の5人。