2022.02.15

福西崇史の2022シーズンJ1順位予想。一強の川崎を脅かすのはどこか

  • 篠幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • photo by Sano Miki

Jリーグ2022開幕特集

2月18日に開幕するJリーグ。スポルティーバでは、今シーズンも解説者、識者らによるJ1の順位予想を掲載する。今回は、かつてジュビロ磐田などで活躍した元日本代表MFの福西崇史さんに、各チームの見どころを解説してもらった。

◆ ◆ ◆

3連覇を目指す川崎フロンターレを脅かすチームは出てくるか3連覇を目指す川崎フロンターレを脅かすチームは出てくるか この記事に関連する写真を見る <福西崇史のJ1順位予想>

1位 川崎フロンターレ 
2位 ヴィッセル神戸 
3位 浦和レッズ 
4位 横浜F・マリノス 
5位 名古屋グランパス 
6位 鹿島アントラーズ 
7位 FC東京 
8位 北海道コンサドーレ札幌 
9位 ガンバ大阪 
10位 アビスパ福岡 
11位 サンフレッチェ広島 
12位 セレッソ大阪 
13位 ジュビロ磐田 
14位 清水エスパルス 
15位 サガン鳥栖 
16位 京都サンガF.C. 
17位 柏レイソル 
18位 湘南ベルマーレ

【川崎の強さは今季も健在】

 2度目の2連覇を達成した王者・川崎フロンターレの強さは、今季も健在だろう。鬼木達監督6年目で築きあげた強固なベースがあり、昨季から成長著しい若手の上積み、旗手怜央が抜けた穴をチャナティップ獲得で補強できたのも非常に大きい。ACLを戦ううえでも厚い戦力が整っている。

 これといった隙は見当たらないが、不安要素を強いてあげるなら、チームがマンネリ化しないためにどう刺激を入れるか。ケガ人が出て離脱を余儀なくされた場合の対策くらいだろう。ほかに対抗馬を挙げるのが難しいほど、頭一つ抜けた存在だ。

 ヴィッセル神戸は、J1のなかでも随一のタレント集団を三浦淳寛監督がどうまとめるかが見えてきた昨季だった。その上積みで優勝への意欲が現実的に高まってきていると見て2位にあげた。

 攻撃陣が豪華な一方、懸念材料を挙げるなら守備面。トーマス・フェルマーレンが引退した穴には槙野智章を補強して選手の枚数は揃うが、シーズンを通して最終ラインが強度を保てるか。ACLのプレーオフを勝ち上がった場合を考えると、選手層にやや不安を感じる。

 浦和レッズはリカルド・ロドリゲス体制で1シーズンを戦い、昨季は天皇杯優勝、先日もスーパーカップで勝利しチームとして充実してきた。今季はチーム全体でどれだけ優勝を強く意識できるかが重要になる。

 ただ、昨季の得点力不足をどう補うのか。そして浦和の顔とも言えるベテラン選手が一気に抜けた影響も懸念されるところ。苦しい時期に、今のメンバーでどれだけ立て直せるか試される。