2021.08.30

サッカー芸人ヒデが選ぶ、BBQが絶対に楽しくなる選手ベスト5。妄想が暴走するその結果は?

  • text by Sportiva
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao、Getty Images

名門・市船で全国優勝の経験もあるペナルティのヒデさん名門・市船で全国優勝の経験もあるペナルティのヒデさん この記事に関連する写真を見る ■サッカー芸人による新感覚サッカーランキング ②

 スポルティーバではこれまで、元選手らにより、ポジション別ランキングやドリブラーランキング、ヘディングランキングなどを紹介して楽しんでもらってきたが、サッカーの見方は玄人目線だけではないはず。サッカーファンになる人の間口はもっと広くていい、という考えから、サッカー好き芸人にオリジナリティー溢れる独自ランキングを作ってもらった。

 今回考えてくれたのは、サッカーの名門・市立船橋高校で2年生からレギュラーとして活躍していたペナルティのヒデさん。全国高校サッカー選手権で準優勝、インターハイで優勝を経験し、さらに大学卒業時には、Jクラブからもオファーがあったというほどだった。

 そんなヒデさんに、彼の趣味であるBBQ(バーベキュー)に絡めてランキングを考案してもらった。ヒデさんが選ぶ、バーベキューを絶対に楽しませてくれる、人間力が半端ないサッカー選手はこの5選手。ヒデさんの妄想が暴走するおもしろランキングになった。

5位 中澤佑二(元横浜F・マリノスなど)&武田修宏(元ヴェルディ川崎)

 長年にわたって日本代表の最終ラインを守ってきた中澤佑二選手と、抜群の得点感覚を持ち、おいしいところを持っていくストライカー、武田修宏選手のコンビです。僕は二人ともよく知っています。

 中澤選手は並外れた体力がありますし、相手との激しい競り合いを制するための、泥臭さを知っていますよね。高校サッカー上がりなので、縦社会がどんなものかもわかっています。だから中澤選手よりも年上の人がいるBBQでは、とにかくよく働いてくれるはずです。BBQでは荷物が多くなりますが、それも筋トレだと思って苦もなく持ってくれるでしょう。

 武田選手は、中澤選手がテキパキと仕事をこなしている一方で、何もしないで自ら誘った女性たちと楽しく会話をしている姿が思い浮かびます。

 BBQでは逆に何もしないというのも大事なんです。非日常を味わう空間ですので、忙しい毎日から解放されて、そこで癒される。何もしない人がそこにいることによって、周りの人に「それでもいいんだ」とどこかホッとする気持ちにさせてくれる。そしてお肉ができたら、おいしいところを取る。全員が同じように働くのではなく、空いたスペースを埋める存在。まさに現役時代の武田選手のプレースタイルそのもの。でもちゃんとみんなが満足する結果を出してくれる。それが武田選手ですね。