2021.08.30

歴代Jリーガーの「精神的支柱ベスト5」をパンサー尾形が選出。No.1は「チームを劇的に変える選手」

  • text by Sportiva
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao、Getty Images

サッカーでは上級レベルのテクニックと熱いハートを持つ、パンサー尾形サッカーでは上級レベルのテクニックと熱いハートを持つ、パンサー尾形 この記事に関連する写真を見る
■サッカー芸人による新感覚サッカーランキング ①

 スポルティーバではこれまで、元選手らにより、ポジション別ランキングやドリブラーランキング、ヘディングランキングなどを紹介して楽しんでもらってきたが、サッカーの見方は玄人目線だけではないはず。サッカーファンになる人の間口はもっと広くていい、という考えから、サッカー好き芸人にオリジナリティー溢れる独自ランキングを作ってもらった。

 今回考案してくれたのが、パンサー尾形さん。名門、仙台育英高校ではボランチとしてエースナンバー10番をつけ、全国大会ベスト16の実績を持つ。また同級生でのちにジェフユナイテッド千葉、サンフレッチェ広島などで活躍した中島浩司選手に対しても激しく指示を出すなど、チームの統率役も担っていた。

 芸能界随一のうまさを誇る尾形さんに、日本で活躍したJリーガーの中から、彼自身が大好きだったという精神的支柱を5人選んでもらった。

5位 田中マルクス闘莉王(元浦和レッズ、元名古屋グランパスなど)

 味方に対して、「やれよー」と吠えるところが大好きでした。「闘莉王さんに言われたらもうしょうがないな」という雰囲気がチームにありましたよね。攻撃陣が点を獲らなかったら、センターバックの位置からどんどん上がっていって、自分で点を獲っちゃう。そうすると、周りも「やんなきゃっ」て思わされますよね。僕はそのタイプの選手がめちゃめちゃ好きなんです。

 トップレベルに行けば行くほど、技術力のある選手、うまい選手がたくさんいるわけで、チームのなかに闘莉王選手よりも技術力のある選手はたくさんいました。その選手たちに、臆せず激しく言えるというのは、すごい。僕も高校時代は中島浩司に対して、「何してんだおまえ!」「やれよ、おい!」とめちゃめちゃ言っていましたので、闘莉王選手にはとても共感するところがありましたね。