2021.03.22

大久保嘉人は「楽しい」が新代表坂元達裕には? C大阪の色が変わる

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 試合後のオンライン会見では、代表関連に質問が集中した。日本U-24代表は3月26、29日にアルゼンチンU-24代表と戦い、フル代表は3月25日に韓国、30日にモンゴルと対戦する。海外組も含めて、メンバーが発表されたばかりだった。

「国のために頑張ってほしい」「もともとポテンシャルの高い選手」
 
 湘南ベルマーレのU-24代表GK谷晃生に関して、監督や選手たちがコメントしていた。あるいは、試合中にケガをしてベンチに下がったセレッソ大阪の日本代表MF原川力について、いくつかやりとりがあった。その時点ではケガの状態は確定していなかったが、結局、試合後に代表辞退が発表された。

 日の丸を背負っての戦いは、ひとつの基軸なのだろう。

 しかし、所属クラブでの日々がそこに通じている。現場の選手たちは、強い風雨を受けながら「今」を戦っていた――。

日本代表に招集された坂元達裕(セレッソ大阪)は湘南ベルマーレ戦にフル出場日本代表に招集された坂元達裕(セレッソ大阪)は湘南ベルマーレ戦にフル出場  3月21日、平塚。今シーズンから、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督に代わってレヴィー・クルピ監督が率いるセレッソは、湘南の本拠地に乗り込んでいる。開幕以来、新加入の大久保嘉人が6戦5発と大暴れ。昨シーズンまでの日本人の主力を残しており、今回、フル代表に選ばれた坂元達裕、U-24代表の瀬古歩夢を擁する有力チームのひとつだ。

 しかし、主導権を握ったのは、湘南だった。

 アンカーに入った三幸秀稔は秀逸のビジョンとスキルを見せた。大げさを承知で言えば、「Jリーグのアンドレア・ピルロ(元イタリア代表でレジスタとして活躍)」だった。ボールが彼を経由すると、プレーの道筋が見えた。単純なパスの出し入れで、受け手は楽に次のプレーに入っていた。前半は風上に立ったこともあって、左右にロングパスを振り分け、変幻自在に味方に"翼を与えていた"。

「三幸は展開力のある選手で。守備は課題でしたが、(今日は)しっかりしたポジショニングでセカンドボールも拾っていましたね。攻撃だけでなく、守備でもバランスを取って良かったと思います」(湘南・浮嶋敏監督)