2021.03.20

絶好調のサガン鳥栖。持ち味はチーム全体での組織的プレーだ

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
最後尾がボールを持ち、最前線の林はどう動いたか

 サガン鳥栖が開幕から4勝1分で3位と絶好調だ。しかもここまで無失点。これはJリーグの開幕から最長無失点記録6試合(1996年の横浜フリューゲルス)に次ぐ快挙である。もちろん、鳥栖にとってもクラブ記録であり、最高の開幕スタートダッシュとなった。

 今オフに原川力(セレッソ大阪)、原輝騎(清水エスパルス)ら多くの主力が抜け、新チームの戦力を不安視する向きもあった。しかし、蓋を開けてみれば5試合で無失点のみならず、3試合で複数得点。第3節ベガルタ仙台戦では5-0と大勝を収めるなど、攻守が噛み合っている。

 前節から中2日で迎えた第5節柏レイソル戦。主力を何人か休ませるなか、5試合連続で先発となった林大地が躍動した。前後半で1点ずつ奪う林の2ゴールで、柏に2-0と完勝を収めた。

後ろのエドゥアルドにボールが入った時、前線の林はどう動いただろうか後ろのエドゥアルドにボールが入った時、前線の林はどう動いただろうか  その先制点の場面だ。鳥栖のDFラインからビルドアップに対して、柏は積極的に前からプレスをかけてきていた。鳥栖はGK朴一圭がボールを持ち、MF本田風智とSB中野伸哉が下りてきたが、そこへ柏の上島拓巳と北爪健吾が寄せてくる。

 朴がエドゥアルドへボールを下げたが、次の瞬間に前線の林はどうしただろうか?