横浜フリューゲルスの天皇杯優勝。不安と悲しみの中で戦い抜いた奇跡 (2ページ目)

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya
  • 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

無料会員限定記事

 練習環境は最悪だった。大勢のマスコミに囲まれる異様な雰囲気の中、声も出なければ集中もできない。

「これから俺たち、どうなるんだ」「なくなってしまうチームのために体を張って試合ができるのか」......。

 不安な気持ちでいても試合は待ってくれない。合併発表の2日後、セレッソ大阪に7-0で圧勝すると、その後もサンフレッチェ広島、アビスパ福岡、コンサドーレ札幌にも勝ち、4連勝でリーグ戦を終えた。

 その間、選手はチームのフロントと何度も話し合ったが、話は平行線のままだった。選手とチームスタッフによるミーティングも、多い時は早朝、二部練習の合間の昼、午後練習のあとと、1日に3回も行なうことがあった。それでも具体的な案は出てこなかった。最後は感情論ばかりだった。

「もういいよ。天皇杯も出ない」「やってられねえよ。俺も試合をボイコットする」「ボイコットして永久追放になったらどうする?」「天皇杯に出てケガしたら、保証がないし、他のチームに移籍もできない」......。

無料会員限定記事の続きは、現在メンテナンス中のため閲覧できません。メンテナンス期間は以下を予定しています。

6⽉17⽇(⽉)午前10時 〜 6⽉24⽇(⽉)午前中

  • メンテナンス終了時刻は状況により前後する可能性がありますのでご了承ください

機能開始までもうしばらくお待ちください。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る