2020.05.15

ドゥンガが語る日本への思い。
「磐田はサッカーにとって重要な町」

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

あのブラジル人Jリーガーはいま
第3回ドゥンガ(後編)>>前編を読む

 アメリカW杯を境に、ブラジルでは時代を「ドゥンガ前期」と「ドゥンガ後期」のふたつに分ける。それほどこのふたつの時代は違っていた。FIFAが選んだ94年大会のベストイレブンの中にはブラジルの選手が4人入っている。トップのロマーリオ以外は全員が守備陣から選ばれた。センターバックのマルシオ・サントス、サイドバックのジョルジーニョ、そしてディフェンシブハーフのドゥンガだ。

1995年から98年までジュビロ磐田でプレーしたドゥンガ photo by YamazoeToshio クラブチームでもドゥンガは足跡を残した。特にイタリアでは多くの選手の手本となるような活躍を見せた。ピサではサポーターから「歴代最高の選手」に選ばれ、フィオレンティーナではホール・オブ・フェイム入りを果たし、ペスカーラでは歴代トップ3に入る外国人選手となった。そしてその後、ドイツのシュツットガルトを経て、ジュビロ磐田へ移籍する。

「日本行きを決断した理由は、ごく単純だった」

 ドゥンガはそう説明する。