2019.03.02

ダビド・ビジャが語るヴィッセルと
自らの挑戦「チームに自信がある」

  • 高村美砂●取材・構成 text by Takamura Misa
  • 説田浩之●撮影 photo by Setsuda Hiroyuki

2019年Jリーグ開幕特集
「ヴィッセル神戸が面白い」(4)
FWダビド・ビジャ インタビュー

(1)山口蛍インタビューはこちら>>
(2) 藤谷壮インタビューはこちら>>
(3)西大伍インタビューはこちら>>


 今季Jリーグでもっとも注目集めているヴィッセル神戸のインタビュー特集。第4回は、かつて名門バルセロナやスペイン代表で活躍し、欧州王者やW杯制覇などチームのタイトル奪取に大いに貢献してきたダビド・ビジャ。今季、鳴り物入りで加入したワールドクラスの点取り屋がJリーグの舞台で目指すものは何なのか、話を聞いた――。

ヴィッセルのタイトル奪取へ、ビジャの活躍は欠かせない――2月22日には、セレッソ大阪とのJ1リーグ開幕戦を戦いました。初めてのJの舞台は楽しめましたか。

「僕たちはこの日を迎えるにあたって、たくさんの時間を費やし、準備をしてきました。それだけに、すばらしい雰囲気でプレーできた事実をとてもうれしく感じました。結果としては、うまくいかなかったこともあり、僕たちが望んでいた勝利をつかむことはできませんでしたが、この先も自分たちのサッカーを貫くことで、必ず目標にたどりつけると信じています」

――ボールを支配し、攻撃チャンスは作りましたが、結果的にゴールは生まれませんでした。何が足りなかったと思いますか。

「確かに僕たちは、多くの時間ゲームをコントロールしながらプレーすることができました。前半はとくに多くのチャンスを作り出せましたが、我々はそのチャンスをゴールにつなげられず、相手チームはセットプレーからチャンスを作り、ゴールを奪いました。

 結果、我々は敗者となりましたが、クラブとしてのアイデンティティーや我々が取り組む姿勢は、決して恥ずべきものではありません。ポジティブな要素を次の試合に向けてしっかり生かしていきたいと思います」