2018.12.16

代表に選ばれない日本人選手から
独自選出。今季のJリーグベスト11

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

 選手、監督の投票をベースに選出されるJリーグ発表のベスト11。これ以外に広く認知されているベスト11はない。1年間に計306試合も戦いながら、提供されるベスト11の定義はこれひとつ。それが、Jリーグ当局から発表されたものとなると、より息苦しさを覚えずにはいられない。エンターテインメントのスケールは小さくなる。

 Jリーグ発表のベスト11は毎年、時の日本代表選手が居並ぶ傾向がある。代表監督が選んだかのような顔ぶれになりがちな点も、面白みを欠く原因となっている。

 というわけで、ここで選ぶベスト11からは、日本代表選手を選考の対象から外してみた。11月に行なわれたベネズエラ戦、キルギス戦で代表メンバー入りしなかった選手に絞ることにした。さらに。有力な候補が優に10数人は存在する外国人選手も外してみた。価値観が少し変われば表舞台に立ちそうな日本人選手を、今季のJリーグの戦いの中から探ってみた。

川崎フロンターレの連覇に大きく貢献したMF家長昭博 FWは鈴木優磨(鹿島アントラーズ)を一番に推したい。11月の代表戦に選出されたものの、ケガで辞退。ライバルは、その代役に選ばれた杉本健勇(セレッソ大阪)や、進境著しい北川航也(清水エスパルス)になるが、今季、鈴木が目に見えて成長したことは間違いない。昨季は鹿島で準レギュラー的な存在だったが、今季は攻撃の柱に成長。飛躍を遂げている。

 一番の魅力は幅の広さだ。キープ力もあれば、ドリブルもいける。サイドアタッカーとしての芸もある。荒っぽそうな見た目とは裏腹に、多機能さも売りにする。ポジションワーク、ディフェンス能力も高く、教育レベルの高い環境で育った選手であることが見て取れる。