2018.12.17

5度目の頂点に立った広島ユース。
この功績をトップはどう生かすのか

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki

 クラブチームと高校の垣根を越えてユース年代の日本一を決める、高円宮杯U-18プレミアリーグ2018ファイナルが行なわれ、サンフレッチェ広島ユースが6年ぶりの優勝を果たした。

高円宮杯U-18プレミアリーグファイナルを制した広島ユース 現在、ユース年代では全国のトップリーグとして、東西各10チームが出場できるプレミアリーグが行なわれているが、高円宮杯ファイナルは東西のプレミアリーグ王者が、日本一の座を争う決勝戦である。

 プレミアリーグWESTを制した広島ユースは、同EASTを制した鹿島アントラーズユースと対戦。鹿島ユースの出足のよさと球際の激しさの前に、なかなか自分たちのペースで試合を進められなかったが、「僕も驚いたほど、前半の途中から(選手たちは)落ち着いた」(広島ユース・沢田謙太郎監督)。

 DFラインからしっかりと攻撃を組み立て、ピッチを横に広く使ってボールを動かせるようになった広島ユースは前半37分、ゴール前にフリーで走り込んだFW鮎川峻が、左からのクロスを頭で合わせて先制。後半8分には、相手のハンドで得たPKをMF大堀亮之介が落ち着いて決め、2点をリードした。

 その後、鹿島ユースに1点を返されたものの、「最後はああなる(相手に押し込まれる)のはわかっていた。体を張ってよく守ってくれた」(沢田監督)。広島ユースは最後まで追加点を許さず、2-1で逃げ切った。

 これで広島ユースは、東西プレミアリーグ王者が対戦する現行の大会方式になった2011年以降、4度目のファナル進出で3度目の優勝。トーナメント方式で行なわれていた2010年以前にも2度の優勝経験があるのだから、ユース年代における広島の充実ぶりは際立っていると言っていい。