2018.05.15

敵将ミシャも「FC東京は質が高い」。
負けにくいサッカーで2位追走

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Etsuo Hara/Getty Image

「(今シーズンの)FC東京は質の高いチームになった。いい守備から、速さのある2トップを活かしている。今日も難しいゲームを想定していた」

 コンサドーレ札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督は試合後に明かしているが、その言葉が「FC東京の躍進」を端的に説明していた。堅牢な守備が効率的な攻撃を生み出す。FC東京は実に「負けにくい」チームとなった。

「今まで、何してたんですかね?」と、FC東京OBは苦笑混じりに言うのだった。

 5月13日、味の素スタジアム。2位のFC東京は3位の札幌と対戦している。首位戦線に残るには、どちらも負けられない試合。戦術的な駆け引きは高度で、じりじりとした試合展開になった。

コンサドーレ札幌戦で、たびたび攻撃に参加しチャンスを作っていた室屋成「最初は(永井)謙佑君とかが前から(プレスに)行って、はめようとしたんですが。うまくいかなかったですね。札幌はボランチが最終ラインに落ちると、どうしても(枚数的に)つかまえ切れない。そこで(ボランチの)自分が前に出るのはリスクがあったし。やっぱり(システム的に)ボール回しのところはよくできているんだな、と。(ポジションに)ステイしてブロックを作る形にしました」(FC東京・MF橋本拳人)

 4-4-2という布陣のFC東京は、プレッシングによるショートカウンターをほぼ捨てていた。FW、MF、DFが3列のラインを作り、リトリート。相手の攻撃を受け止めつつ、ロングカウンターを狙う形に切り替えた。

「我々は後ろからビルドアップするのがスタイル。当然、失えばカウンターを喰らう。そこで(FC東京戦の前の)トレーニングから、失った後の切り替えの速さを徹底した」(札幌・ペトロヴィッチ監督)