2018.04.09

ブーイングのなか「遺恨対決」。
齋藤学の復帰が川崎Fにもたらすもの

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

「(体の)キレはいい感じです。出たら、とにかくサッカーを楽しみますよ」

 今シーズン、川崎フロンターレに移籍した齋藤学は、日産スタジアムでの古巣、横浜F・マリノスとの一戦を前にそう洩らしていた。

 齋藤は昨年9月に行なわれたヴァンフォーレ甲府戦で負傷。病院での検査の結果、右膝前十字靱帯損傷と診断されている。全治8カ月の見込みだった。

 予定よりも1カ月早い回復に、並々ならぬ意志が感じられた。日本代表としてロシアワールドカップ出場も、自身は諦めてはいない。単なるリハビリにするつもりはなかった。

「成長した姿を見せたい」

 前向きな心構えで、この日まで復活に挑んできたのだ。
 
 後半に入った77分だった。齋藤は拍手よりもブーイングが多いなか、古巣のピッチに立っている。

古巣、横浜F・マリノス戦でケガから復帰した齋藤学(川崎フロンターレ) 4月8日、日産スタジアム。川崎FはJリーグ王者として横浜FMの本拠地に乗り込んでいる。

 試合は序盤からほぼ一方的な形勢になった。横浜FMは川崎Fの攻勢に対し、ラインを下げざるを得ない。全体の位置が低すぎ、ボールを奪っても巻き返せず、波のような攻撃を受けることになった。本来はハイラインをキープし、攻撃によって守備を旋回させる戦術も、守勢に回ってしまい、持ち味が消えた。