2018.03.09

ベンゲルに届いた巨大なオファー。
名将がグランパスを去る日がきた

  • 飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi

【短期連載・ベンゲルがいた名古屋グランパス(9)】

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)から読む>>

欧州から届いたビッグオファー

最後の采配を終え、手を振ってサポーターに応えるベンゲル photo by Kyodo News 最初にそれを報じたのは、海外の通信社だった。

 イングランド・ロンドンの名門クラブで、”ガナーズ”の愛称で知られるアーセナルが、次期監督候補としてアーセン・ベンゲルをリストアップしたという。監督のブルース・リオホの解任がささやかれており、後任として極東のプロリーグで指揮を執るフランス人監督に白羽の矢が立ったのだ。『中日スポーツ』の木本邦彦が振り返る。

「あれは7月だったかな。当時はインターネットもないから、何がなんだかわからないわけですよ。うちの若い女性記者の両親がたまたまロンドンに住んでいたから、向こうからベンゲルに関する記事をFAXしてもらったんです」

 初めて1ステージ制が採用された1996年シーズン、グランパスは3月9日のゼロックス・スーパーカップで前年のJリーグ王者である横浜マリノスを2-0で下すと、リーグ開幕から4連勝を飾り、スタートダッシュに成功する。

 アトランタ五輪アジア最終予選に向けた2月のマレーシア合宿で、小倉隆史が右ヒザ後十字靭帯断裂の大ケガを負ってしまったが、習志野高校から加入した福田健二、筑波大学から加入した望月重良と、2人のルーキーがその穴を埋めつつあった。

 前半戦の最後となる5月18日の第15節が終わった時点で、グランパスは首位の横浜フリューゲルスと勝ち点6差の6位につけていた。

 6月から1カ月間はナビスコカップ(現ルヴァンカップ)が集中開催され、7月3日の試合を最後にオリンピックによる1カ月の中断期間に入った。その時期を利用して、グランパスは北海道の苫小牧でキャンプを張った。

 通訳の村上剛がベンゲルに呼び出されたのは、そのキャンプ中のことだった。

「ベンゲルに『強化部長を呼んできてくれないか』と頼まれたんです。『実は、ヨーロッパからオファーが届いているんだ』と。名前は明かしてくれませんでしたが、『自分の名前と似た名前のクラブだ』と言っていました」

 それは、すなわちアーセナルだった。