2017.12.30

最後までストイックな加地亮。
契約を残しながら「引退」を決断したわけ

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • photo by Masashi Hara/Getty Images

2017年引退特集
加地亮インタビュー(前編)

今季終了後、現役から退いた加地亮 自分自身の中でだけ”ラストマッチ”と決めていた、J2リーグ最終節(11月19日)のアビスパ福岡戦。試合前に、監督やチームメイト、クラブにその決意を伝える考えは微塵もなかったという。シーズン終盤は、ベンチを温める時間が続いていたことを思えば、当然ピッチに立てずに試合を終えることも覚悟のうえで、だ。

 頭にあったのは、いつものように先発のピッチに立つために自分のすべてを注ぎ込んで準備することのみ。そのうえで、監督に必要とされるか、されないかの判断を待ちたかった。

「僕の『引退』という決断によって、監督の考えが揺れてほしくはなかったし、自分自身も温情をかけられてピッチに立つつもりはなかった。これまでどおり、仲間とポジションを競い、試合に出場すること、勝つことを目指す。試合終了のホイッスルが鳴るまで、本当にそのことしか考えていなかった」

 そして――。ファジアーノ岡山のDF加地亮は、20年のプロサッカー選手としてのキャリアを締めくくるラストマッチを、ベンチで終えた。


サッカーに注ぎ込んだ毎日を
1年間続けられる自信がないのなら
引退するべきだと考えた

『引退』の文字が、加地の胸の内で渦巻くようになったのは10月の中頃だったという。きっかけは、J2第34節(9月23日)のカマタマーレ讃岐戦だった。ケガから復帰し、13試合ぶりに先発のピッチに立ったものの、どこかしっくりとこない。