日本代表のミャンマー戦、シリア戦に望む新布陣 鎌田大地をトップ下に置く3-4-3 (4ページ目)

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki

 格上相手に守備的な3バックで臨もうとする森保監督だが、今回の相手は格下だ。守備的になる必然性は低い。試すならその反対の性格を持つ3バックが相応しい。「3バック=5バック=守備的サッカー」との認識が、日本には浸透している。3バックの旗振り役を担ってきた森保監督には、3バックの概念を覆す3-4-3を実践してほしいのだ。

 代表監督がそのグレーゾーンを曖昧にするような言い回しを公の場ですれば、戦術や布陣の理解は浸透しない。「攻撃に策がない」と言われる森保ジャパンだが、その理由は、中盤ダイヤモンド型3-4-3的なチャレンジが乏しいことと大きな関係にある。筆者にはそう思えて仕方がない。

プロフィール

  • 杉山茂樹

    杉山茂樹 (すぎやましげき)

    スポーツライター。静岡県出身。得意分野はサッカーでW杯取材は2022年カタール大会で11回連続。五輪も夏冬併せ9度取材。著書に『ドーハ以後』(文藝春秋)、『4-2-3-1』『バルサ対マンU』(光文社)、『3-4-3』(集英社)、『日本サッカー偏差値52』(じっぴコンパクト新書)、『「負け」に向き合う勇気』(星海社新書)、『監督図鑑』(廣済堂出版)、『36.4%のゴールはサイドから生まれる』(実業之日本社)など多数。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る