サッカー日本代表の2年後はどうなってる? 識者5人が考えた2026年W杯メンバー

W杯アジア2次予選のミャンマー戦、シリア戦が行なわれる。サッカー日本代表の顔ぶれはカタールW杯以降、大きく変わらずに来ているが、はたしてこのまま次のW杯まで続くのか。2年後のレギュラーメンバーは誰か。5人の識者に予想してもらった。

日本代表は2年後も同じメンバーで戦っている? photo by Kishiku Torao日本代表は2年後も同じメンバーで戦っている? photo by Kishiku Toraoこの記事に関連する写真を見る

【2026年W杯成否のカギはパリ五輪世代の台頭】

浅田真樹(スポーツライター)

この記事に関連する写真を見るFW/三笘薫(平河悠)、上田綺世(前田大然)、久保建英(堂安律) 
MF/南野拓実(鈴木唯人)、守田英正(田中碧) 
MF/遠藤航 
DF/伊藤洋輝、冨安健洋、板倉滉、関根大輝 
GK/鈴木彩艶

 過去のワールドカップを振り返ってみると、日本代表は概ね"ニコイチ"で大会に臨んでいる。ニコイチとは、つまり2大会をひとつとして、同じメンバーで戦ってきたという意味だ。

 たとえば、2002年日韓W杯で若手として台頭してきた選手たちが、2006年ドイツW杯では主力として円熟期を迎える。同じことは、2010年南アフリカW杯と2014年ブラジルW杯にも言えるだろう。

 もちろん、登録メンバー全員が同じだったはずはないが、ざっくりとしたイメージで言えば、日本代表はニコイチで世代交代が進んできた。

 日本が初出場した1998年フランスW杯と、大会直前に監督交代があった2018年ロシアW杯を除けば、概ねこのサイクルが続いている。

 だとすれば、次の2026年で主力となるのは、2022年カタールW杯での若手。すなわち、東京五輪世代である。堂安律、三笘薫、田中碧ら、すでに2022年大会で活躍した選手はもちろん、同世代の選手がさらに勢力を拡大し、主力メンバーを構成することになるはずだ。

 だが、大会ごとの成績を見比べると、日本がグループリーグを突破しているのは、"ニコイチの一個目"。勢いのある若手が台頭してきた時に、結果を残しているのである。

 現在、東京五輪世代が加速度的にヨーロッパで実績を重ねていることを考えれば、次回ワールドカップで中心になるのは彼らだろうが、どれだけパリ五輪世代が主力に割って入れるのか。

 そこに結果を残せるか否かのカギがあるのではないだろうか。

1 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る