谷口彰悟が思い出す、初めて日本代表のユニフォームを手に取った日「今も袖を通すたびに身が引き締まる」

  • text by Harada Daisuke

【連載】
谷口彰悟「30歳を過ぎた僕が今、伝えたいこと」<第13回>

◆【連載・谷口彰悟】第1回から読む>>
◆第12回>>驚いたカタール文化「1時間の遅刻にもイライラせず...」

 1月14日、日本代表はAFCアジアカップ2024で優勝すべくカタールの地に降り立ち、グループリーグ初戦でベトナムと対戦した。谷口彰悟は4バックのセンターバックとして先発し、前半に2点を失うものの、後半は相手の攻撃を封じて勝利に貢献した。

 1991年生まれの谷口は、今回選ばれたメンバーのなかで最年長の32歳。ただ、世代別も含めて初めて日本代表のユニフォームに袖を通したのは大学2年時と、チームメイトと比べて早いほうではない。

 初めて招集された時、当時筑波大に所属していた谷口はどんな思いで日本代表のユニフォームを手に取ったのか。アジアカップ大会前に日本代表への想いを語ってくれた。

   ※   ※   ※   ※   ※

アジアカップ初戦のベトナム戦に先発した谷口彰悟 photo by Getty Imagesアジアカップ初戦のベトナム戦に先発した谷口彰悟 photo by Getty Imagesこの記事に関連する写真を見る ワールドカップ予選とは異なる、アジアを舞台にした戦いが始まる。

 日本代表はカタールで1月13日開幕のAFCアジアカップ2024に臨む。目指すのはもちろん、3大会ぶりとなるアジアの頂点だ。

 今や日本代表のメンバーは、海外を主戦場にする選手が増え、アジアにおける日本に対する周りの視線や印象は、一目置かれる存在になりつつある。それはカタールでプレーしている自分自身が日々、実感してもいる。だからこそ、代表レベルでもアジアを牽引していくのは日本であることを結果で証明したいし、示さなければならない大会だと捉えている。

 世界を目指すならば、なおさらアジアのトップに立ち続けなければならない──自分たちにプレッシャーをかけるわけではないが、それくらい「優勝」という結果を残さなければならないし、結果を意識しなければならないと思っている。

 思い起こすと、自分が初めて「日本代表」と名のつくものに選ばれたのは、高校生の時だった。同世代の選手たちが集まり、行なわれた合宿が最初だった。たしかU-20ワールドカップを見据えて、世代別の日本代表の活動がスタートした時期だったように思う。

1 / 3

プロフィール

  • 原田大輔

    原田大輔 (はらだ・だいすけ)

    スポーツライター。1977年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌『ワールドサッカーグラフィック』の編集長を務めたのち独立。Jリーグを中心に取材し、各クラブのオフィシャルメディアにも寄稿している。主な著書に『愛されて、勝つ 川崎フロンターレ「365日まちクラブ」の作り方』(小学館クリエイティブ)など。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る