2022.07.26

世代屈指のボランチ田中聡が代表落選でこぼした本音。「勝ってほしいと素直には思えませんでした」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

サッカー日本代表「パリ世代」インタビュー03
田中聡(湘南ベルマーレ/MF)後編

 日本代表の歴史を振り返ると、いつの時代にもボール奪取能力に優れたボランチが、必ずと言っていいほど存在してきた。戸田和幸、服部年宏、明神智和、今野泰幸、山口蛍など、その名を挙げ始めたらキリがない。現在で言えば、遠藤航がまさにそれに当たる。

 そんなボールハンターの系譜を継ぐべく、J1で腕を磨くのが、湘南ベルマーレの田中聡だ。

 2019年にU−17ワールドカップに出場したのをはじめ、年代別日本代表に何度も名を連ねる田中は、世代屈指のボランチに成長。それでも現状に決して満足することなく、時にもがき苦しみながら日々成長を続けている。

◆田中聡@前編はこちら>>日本代表に上り詰めるまで。昨季は「ボールに触るのが怖かった」

   ※   ※   ※   ※   ※

田中聡(湘南ベルマーレ)2002年8月13日生まれ田中聡(湘南ベルマーレ)2002年8月13日生まれ この記事に関連する写真を見る ---- 今度は年代別の日本代表の話を聞かせてください。田中選手は2019年のU−17代表で初めて年代別代表に選ばれています。

「(2018年の)国体で神奈川県選抜に選ばれて、大会中も『代表のスタッフが見に来ているよ』っていうことが話題になっていました。その当時、自分の調子もよかったので、入れればいいなっていう気持ちはありましたけど......、でも、実際に選ばれてみると、すごくうれしかったのと同時に、本当に入れたんだっていうビックリした気持ちもありました」

---- 選ばれる以前、自分と同年代の日本代表をどう見ていましたか。

「選ばれたいとは思っていましたけど、毎回メンバーや試合の結果を確認することはなかったです。そこまで執着心はなかったですね」

---- では、チームが2018年のアジアU−16選手権で優勝し、翌年のU−17ワールドカップに出場が決まっても、「本番は自分が出てやる」という気持ちは......。

「全然なかったですね(笑)」

---- それでも2019年に代表メンバーに入って、いざ候補に選ばれてみると、気持ちは変わりましたか。